Yearly Archives: 2014

お花見

美しく咲いた桜を観賞し楽しむため公園などに出かけることを花見といいます。日本では、3月・4月に桜の花が満開になると、家族や職場の仲間、友人などと一緒に花見をする習慣があります。 桜の木の下にござなどを敷いて酒を飲んだり食事をしたりして春の到来を楽しみます。

Hanami(Flower-viewing)
Hanami is going out to places such as parks to appreciate and enjoy leisurely the beautiful blooming cherry blossoms. The custom in Japan, in March and April when the cherry blossoms are full bloom, is to do hanami with family,colleagues from work, or friends. People spread a mat under cherry blossoms, drink sake, eat foods,and enjoy the coming of spring.




クリスマス・年末年始の贈り物に、和のアクセサリー「豆銀」を

当社代表神森がプロデュースする和のアクセサリー「豆銀」は、「気軽に手に取り、身に付けることができ、和文化の魅力を身近に感じられるようなアクセサリーを」目指し誕生しました。
本シリーズは、古来より日本人が親しんできた「桜」と「千鳥」という和のモチーフです。アクセサリーはもちろん、豆型・着物地のアクセサリーケース、パッケージにもこだわりをもちつくらせていただきました。
豆銀
大切な人(家族・恋人・友人)への贈り物に、自分へのごほうびに。和のアクセサリー「豆銀」を通じて、日本文化を身近に感じていただけましたら幸いです。
今年のクリスマスプレゼントに、和のアクセサリー「豆銀」はいかがでしょう?
http://jtcl.co.jp/news/mamegin/
10687413_10203928533885355_3012450793204347809_o
=====
※アクセサリーについてのお問い合わせ先: info@jtcl.co.jp
※ご注文・ご質問はお問い合わせフォームから受け付けさせていただきます。
=====

<豆銀(まめぎん)について>

「気軽に手に取り、身に付けることができ、 和文化の魅力を身近に感じられるようなアクセサリーを」「豆銀」はそんな思いから誕生しました。
「豆」は「ちいさくてかわいいもの」。
「豆銀」は江戸の人たちが巾着などに入れて使っていた貨幣、「豆板銀」にもちなんでいます。
=====

<桜・千鳥モチーフにこめられた想い>

*桜:日本人の精神のシンボル・神様が宿る

桜は公式には国花ではないものの、日本人にとって特別な存在です。
「さくら」という名前の由来は、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたものとも、春になると里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)だから「サクラ」になったともいわれています。
伝統文化においては、桜を人に見立てた能の「西行桜」、歌舞伎の名作「義経千本桜」など。音楽においては、筝の手ほどきとして作られた『さくらさくら』、滝廉太郎の歌曲『花』、長唄の『元禄花見踊』など。絵画においては、葛飾北斎による桜と富士の絵。俳句においては、松尾芭蕉が桜をテーマに詠んだ句「さまざまの事おもひ出す桜哉」など、「桜」は、古くから日本人の精神のシンボル・春の象徴・花の代名詞として、幅広く和文化の題材としてとりあげられています。

*千鳥:目標達成・勝運祈願のお守りの意味も

『千鳥=千取り』という語呂合わせもあって、『勝運祈願』や『目標達成』の意匠としても使われてきました。そんな縁起のよい千鳥を身につけることでファッションと同時にお守りの意味も。

=====
・ネックレスはお好みでチェーンの長さを調整できます。

・全てのアクセサリーには、1点1点異なる豆型の着物生地のアクセサリーケース(桜柄・千鳥柄)・水引がついたオリジナルの紙袋がついています。
=====

■デザイン:トミタ・ジュン(建築家/プロダクト・グラフィックデザイナー、アティモント・デザイン研究所 代表取締役、京都造形芸術大学プロダクトデザイン学科准教授)
t01600239_0160023912448922117
東京電機大学未来科学部建築学科非常勤講師。慶應義塾大学SFC研究所所員(坂井直樹研究会)ニューヨーク大学アート学科(NYU)で学ぶ。卒業後、緑との共生を唱えるグリーン建築で世界的な建築家、エミリオ・アンバースに師事し建築プロジェクトなどに参画。
96年ペットボトル「アクアブロック」でアメリカの権威ある賞、IDデザインのグランプリ受賞。99年には㈱アティモント・デザイン研究所を設立。
プロダクト、グラフィック、建築など幅広い分野でデザイン活動を展開している。

ニューヨーク大学美術学科卒/一級建築士
父の富田仁秀は仁和寺の御用達陶芸家で、元たち吉社長。祖父は元たち吉会長の冨田忠次郎。
著書『センスいいね!と言われる人の思考術』『センスの磨き方』

■プロデュース:神森真理子
profile
ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社代表取締役。
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹株式会社に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、
会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化・食・アートの魅力を発信するイベント企画・プロデュース・執筆・講演などを多数手掛ける。日本の結婚式を通じ、日本文化の魅力を発信する情報サイト「和結」を運営。

日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
日本文化関連の企画・コンサルティング、和の婚礼、日本文化を学べるwebスクール「nippon labo」などの事業を展開。

日本酒「笑酒来福(しょうしゅらいふく)」、和のアクセサリー「豆銀(まめぎん)」など、和の商品企画・開発も手がける。+ART CLUB/「食とアートの会」主宰。

※アクセサリーについてのお問い合わせ先: info@jtcl.co.jp




年末年始は、和のお稽古でデトックス

年末年始は、ついつい暴飲暴食・運動不足になりがちですよね。そんな年末年始のゆとり時間に新しいことをはじめたい!という方にオススメなのが、美しい所作が身に付く上に、デトックス効果もある「日本舞踊」。
nihonbuyo_l1
当社が運営するwebスクール「nippon labo」 【5分で学ぶ日本舞踊の基本】のレッスンでは、日本舞踊の基礎を、一曲踊れるようになるまで自分のペースで気軽に学ぶことができます。
nihonbuyo_matome2

まずは、日本舞踊の基礎を一通り学ぶことができる曲のひとつ「かぞえうた」「梅にも春」からスタート! 美しいお扇子の使い方、足さばきと上半身の使い方、指先の動き、すり足と首の動きなど…ポイントをおさえ、1曲美しく踊れるようになるまで、丁寧にてほどきいたします。
nihonbuyol2

年末年始に、nippon laboで気軽に学び新しい楽しみを体感してみませんか?

▼5分で学ぶ日本舞踊の基本 http://nipponlabo.jp/lessons/category.html?c=23
nihonbuyo_ichiran2

■いつでもどこでも気軽に日本文化を学べる web スクール
【nippon labo (ニッポン ラボ): http://nipponlabo.jp/




ISETAN PARK netに、伊勢丹新宿店様と当社のコラボ企画「おとなのお正月 ~和魂新才~」についてご紹介いただきました

ISETAN PARK netに、伊勢丹新宿店様と当社のコラボ企画「おとなのお正月 ~和魂新才~」についてご紹介いただきました!ありがとうございます。
スクリーンショット 2014-12-26 22.17.41
お正月といえば初詣?福袋?様々なイベントがありますが、ファッションミュージアム伊勢丹のお正月を楽しんでみませんか?

2015年伊勢丹 新春祭は「未来を楽しむお正月」がテーマ。
伝統的なお正月とアートやアニメーション、海外アーティストが掛け合わされ、新たな日本の魅力でいっぱいです。新年を飾るウインドーでは、日本の花鳥風月を描いた伝統の花札と、日本マンガ界の金字塔、『ベルサイユのばら』のコラボレーションをお楽しみいただけます。
スクリーンショット 2014-12-26 22.18.07
新しいお正月のカタチ、美しい日本の文化を感じるアイテム、実演や体験イベントも充実の企画「おとなのお正月 ~和魂新才~」の中で、当社もイベントを1月3日・4日に開催させていただきます!

========
1) 創業400年超の老舗「伊場仙」社長に学ぶ!『扇子・浮世絵の世界』
 新年の願いをこめて。世界にひとつだけのオリジナル扇子づくり
========
oshogatsu1_FB
普段使いや贈答用のアイテムとしての他、茶道・能・日本舞踊・落語などはじめ日本文化に欠かせない存在である扇子。
身近ながら、深く学び・体験する機会は希少な扇子の世界について学んでいただく企画です。

ゲストとして創業1590年 日本橋にある扇子・団扇の老舗 伊場仙 14代目吉田社長をお迎えし、前半は伊場仙の歴史・扇子の歴史・江戸扇子・浮世絵のお話などをうかがいます。
後半は、扇子の地紙への絵や文字の描き方を教えていただきながら、世界にひとつだけのオリジナル扇子(茶扇)をつくります。
一年のはじめに、日本のものづくりの「学ぶ」「つくる」楽しみを体感しながら、新年の願いをこめて、世界にひとつだけのオリジナル扇子をつくってみませんか?

▼詳細・お申込はこちら
http://jtcl.co.jp/news/isetan_oshogatsu1/

日時:2015年1月3日(土) 受付開始 11:30 / 開演 12:00(終了 14:00頃)

講師:創業1590年 日本橋の扇子と団扇の老舗「伊場仙」
   14代目代表取締役社長 吉田 誠男氏

会費:7,000円(扇子・扇子作りのための材料費・扇子のお仕立て代など全て込)

========
2) 新春!手妻ショー
 江戸時代から伝わる日本伝統のマジック『江戸手妻の世界』
========
oshogatsu2_FB
「手妻」とは、「手を稲妻の様に素早く動かす」ことから名づけられた
江戸時代から伝わる日本独自のマジックです。
ただ不思議を見せることを目的とするのではなく、演技背景に日本人になじみの深いテーマをとりいれ「見立て」によってストーリーを語る手法は、美しい所作と情緒にあふれ、驚きとともに深い感動を与え、老若男女幅広くお楽しみいただけます。

ゲストとして、「手妻」の数少ない継承者であり、マジック界のオリンピックと呼ばれる世界大会でも活躍する藤山大樹氏(本日の東京新聞朝刊にも藤山大樹さんの活躍の様子が掲載されました!)をお迎えし、手妻とはどういったものか、その歴史や特徴をお話いただく他、手妻の実演、新春にちなんだ日本舞踊、さらに皆様に手妻の技を学んでいただけるワークショップ&お土産として手妻グッズをプレゼント!という、新春お年玉企画ともいえる、盛り沢山な内容です。

新年にふさわしい新しい体験として、趣深い手妻の世界を楽しんでみませんか?

▼詳細・お申込はこちら
http://jtcl.co.jp/news/isetan_oshogatsu2/

日時:2015年1月4日(日)受付開始 14:00 / 開演 14:30(16:00頃 終了予定)

講師:藤山大樹氏(手妻師)
 
会費:5,000円

会場:伊勢丹新宿店 本館7階=バンケットルーム
【住所】〒160-0022 東京都新宿区新宿3−14−1 
【Tel】03-3225-1251
========
この他にも、様々なイベントが!
皆様ぜひ足をお運びください。

▼お年玉袋だけじゃない!ファッションミュージアム伊勢丹で楽しむお正月
http://isetanparknet.com/news_event/141226-2015.html




“あの人の「美味しい」に出会う”極上グルメキュレーションサイト「ippin」にて、当社代表 神森の記事「年末年始に飲みたい贈りたい日本酒! 笑う酒には福来たる」が掲載されました

食に精通した方たちの選りすぐりの逸品をご紹介するキュレーションサイト「ippin(イッピン)」。
当社代表 神森もキュレーターとしてご紹介しており、最新記事「年末年始に飲みたい贈りたい日本酒! 笑う酒には福来たる」が公開されました。

年末年始のにぎやかな会食の乾杯の1本として、ご実家への帰省やホームパーティーの手みやげ、年末年始のご挨拶のおともとしておすすめの日本酒をご紹介しています。
お時間ある際にチェックしてみてください。

▼年末年始に飲みたい贈りたい日本酒! 笑う酒には福来たる|ippin
http://r.gnavi.co.jp/ippin/report/detail/1137/
スクリーンショット 2014-12-20 1.53.08
スクリーンショット 2014-12-20 1.53.20




『こちら秘書室』スキルアップセミナー「これだけは身につけておきたい和食の作法」の企画・協力をさせていただきます

ぐるなび様が運営する現役秘書のためのサポートサイト『こちら秘書室』(秘書会員数3万名超)のスキルアップセミナーの企画・協力をさせていただいています。

2月4日(水)開催 第19回のテーマは、「これだけは身につけておきたい和食の作法」。
昨年、「和食;日本人の伝統的な食文化」が無形文化遺産に登録されたのを機に、注目が高まる和食。
ビジネスシーンでも、和食での会食や接待は定番です。最近は、海外からのお客様をお招きして、和食でおもてなしする機会も増えていらしてるのではないですか。そのような時に不安になるのが、和食の作法。美しい食べ方や正しいマナーは、相手を不愉快にさせないとする、思いやりでもあります。

今回は、小笠原流礼法宗家である小笠原敬承斎講師をお招きし、正しい箸遣いや器の扱い方、さらにはすべての振る舞いの基本となる姿勢を含めて、日常に活かしていただける作法をお伝えいたします。
こちら秘書室会員の皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております!

日時:2015年2月4日(水)19:00~20:10(18:30 受付開始)
会場:株式会社ぐるなび セミナールーム
定員:70名様

▼詳細・お申込はこちらから
http://secretary.gnavi.co.jp/gnavi/seminar/19_19/
スクリーンショット 2014-12-17 12.14.20




nippon laboで学び、年末年始は美しい着物姿で

年末年始は、初詣や新年会やパーティーや仕事はじめや…着物を着る機会が増えるシーズンですね。
そんな時に、プロの方に着付けをしてもらうのもよいけれど、やはり自分で美しく着ることができたらベストですよね!
kimono_6

当社が運営する日本文化を学ぶウェブスクール nippon labo 【1人でできる!着物の着方・楽しみ方】のレッスンでは、
1人で美しく着る着物の着方・楽しみ方を気軽に学ぶことができます。
kimono_matome2

nippon laboで学び、年末年始の楽しいイベントを着物姿で満喫してみてはいかがでしょう?

▼1人でできる!着物の着方・楽しみ方
http://nipponlabo.jp/lessons/category.html?c=22

kimono_topbanner

■いつでもどこでも気軽に日本文化を学べる web スクール
【nippon labo (ニッポン ラボ): http://nipponlabo.jp/

nipponlabo141104




【GAISHIKEI LEADERS】和の粋を体験する忘年会〜お座敷遊び体験〜

GAISHIKEI LEADERSの皆様向けの日本文化企画として、
和の粋を体験する忘年会〜お座敷遊び体験〜」を企画・コーディネートさせていただきました。
GAISHIKEI LEADERSは、外資系企業での仕事を通じて日々グローバル社会と関ってきたメンバーが、自らの『和魂洋才』を一層磨き上げ、社内外で活用し、グローバル社会と調和した、開かれた元気な日本の未来を実現することを目指し、設立されたコミュニティ・プロジェクトです。 そのミッションの1つとして「日本および日本文化の素晴らしさの理解と啓蒙」があり、当社の事業・ミッションに共感いただき、企画のご依頼をいただきました。
20141204_220109-SMILE
今回は、GAISHIKEI LEADERSの忘年会にふさわしい粋な日本の伝統文化を体験する一夜として、和の空間で、お酒、和食を味わい皆様と懇親を深めていただきつつ、
ハードルが高いと思われがちな「お座敷遊び」をお楽しみいただきました。

前半は見て楽しむパート。
メディアでも注目の女形芸者 まつ乃家栄太郎さんによる
演奏・舞踊をお楽しみいただきました。
IMG_20141204_202052
IMG_20141204_202428
IMG_20141204_202639

後半は参加型。
和楽器の演奏・お座敷遊び・踊りをグループにわかれ全員に体験していただきました。

まずは、和楽器の演奏
芸者衆に演奏について学んだ後、「さくらさくら」を皆様に演奏していただきました。
10730770_10152882850932937_5352551159071795199_n
10846334_10152882850772937_3942151750042939237_n
10847923_10152882850842937_1266251498590922877_n
10730823_10152882850967937_4929714143086391629_n
IMG_20141204_204431
IMG_20141204_205437
皆様、和楽器は初体験ながらお上手で驚きました!

続いて、お座敷遊び2つを体験
1781926_813651088693137_2633916124862122000_n
IMG_20141204_205920
1510720_10152882850557937_3592690521804675327_n
IMG_20141204_211020
IMG_20141204_211231
10303741_10152882851337937_6821637633064832970_n

最後は、踊りを。
10342750_10152882851472937_5303860429967828543_n
IMG_20141204_211726
IMG_20141204_212055
遊びも真剣勝負な皆様のおかげで、とても盛り上がりました!

日本文化を通じ、また素敵なご縁が広がりました。
ご一緒させていただいた皆様、まつ乃家栄太郎さん、染谷さんはじめ関係者の皆様、ありがとうございました!
IMG_20141204_212208
以前の「料亭で学ぶ和食の作法」の会も、その後、「海外のお客様との会食時に、三手の扱いなどあの時学んだ作法をお伝えするたび喜ばれ役立っている」というようなお声をいただき、とても励みになり嬉しく思いました!

来年も引き続き、グローバルに活躍する皆様にとって新しい学びがありつつ楽しく気軽に体験でき、ビジネスでも役立てていただけるような日本文化の企画をコーディネートさせていただければと思っています。
GAISHIKEI LEADERSの皆様とのご縁に感謝!

皆様のますますのご活躍をお祈りしつつ、『和魂洋才』の梁山泊として、日本社会に変革を起こす様々な活動が展開されることを心より願っています。

■GAISHIKEI LEADERS 公式サイト:http://gaishikei-leaders.com/




食の逸品コンクール「料理王国100選 2015」の「飲料・酒類部門」で、当社が企画共同開発する日本酒「笑酒来福」もお選びいただきました

12月6日発売の『料理王国』にて発表された食の逸品コンクール「料理王国100選 2015」の「飲料・酒類部門」で、当社が企画共同開発する日本酒「笑酒来福」(発売:豊島屋本店様、デザイン:信藤三雄様)も逸品としてお選びいただきました。
shoshuraifuku3
一流シェフ、バイヤーなど食のプロたちの厳しい目と舌で選んでいただけたこと、大変嬉しく思います。世界的に活躍するパティシエ辻口博啓氏、洞爺湖サミット総料理長も務めたホテルメトロポリタン エドモント名誉総料理長 中村勝宏氏などからも嬉しいコメントをいただきました。先日の「日本酒71選」に続き、選んでいただきありがとうございます。
shoshuraifuku2
「日本酒になじみがない若い世代や海外のお客様にも日本酒の魅力を届け、日本酒の新しい選び方・楽しみ方を提案する新しい価値観をもったブランドをつくりたい」という思いから、誕生したお酒。一人でも多くの方に味わい、ファンになっていただけたら嬉しく思います。年末年始の贈り物やホームパーティーの手土産にもピッタリ!
笑う酒には福来たる。「笑酒来福」をよろしくお願いします!

▼笑酒来福|料理王国100選 2015
http://www.cuisine-kingdom.com/test/100item/2015/D/D-72.html
▼笑酒来福
http://store.shopping.yahoo.co.jp/toshimaya/00651.html
shoshuraifuku4




当社代表 神森の連載「和な美 -wanna be-」最新記事『お正月にふさわしい「和」を体験!~「おとなのたしなみ講座」開催 オリジナル扇子づくり体験&新春・手妻ショー 【おとなのお正月@伊勢丹 新宿店】』が掲載されました

「Bimajin Japan」の当社代表 神森の連載「和な美 -wanna be-」最新記事『お正月にふさわしい「和」を体験!~「おとなのたしなみ講座」開催 オリジナル扇子づくり体験&新春・手妻ショー 【おとなのお正月@伊勢丹 新宿店】』が掲載されました!お時間ある際に、ご一読ください。
http://bimajin.jp/article_page/1867
スクリーンショット 2014-12-04 13.54.01
(1)新年の願いをこめて、世界にひとつだけのオリジナル扇子をつくってみませんか?
【日時】2015年1月3日(土)受付開始 11:30 / 開演 12:00 (14:00 頃終了予定)

■世界にひとつだけのオリジナル扇子づくり【おとなのたしなみ講座@伊勢丹新宿店】
▼イベント詳細・お申込はこちら
http://jtcl.co.jp/news/isetan_oshogatsu1/

(2)新年にふさわしい新しい体験として、趣深い手妻の世界を楽しんでみませんか?
【日時】2015年1月4日(日)受付開始 14:00 / 開演 14:30(16:00頃 終了予定)

■江戸時代から伝わる日本伝統のマジック「江戸手妻」の世界【おとなのたしなみ講座@伊勢丹新宿店】
▼イベント詳細・お申込はこちら
http://jtcl.co.jp/news/isetan_oshogatsu2/

皆様のご参加、心よりお待ちしております!