Blog Archives

創業300年老舗企画【享保の会】第16回@赤坂浅田 開催

享保年間創業の老舗企業による感謝祭「享保の会」第16回として、
『萬治二年(1659年)加賀藩中荷物御用「浅田屋伊兵衛」創業、慶應三年(1867年)旅人宿「浅田」創業』をルーツとし、加賀料理の継承者として伝統と革新の料理を作り続ける名料亭「赤坂浅田」にて、 創業享保2年 新潟県 南魚沼の酒蔵【青木酒造】の醸造する銘酒「鶴齢」とともに、赤坂浅田によるこの日限定の鶴齢とのマリアージュをお楽しみいただける特別メニューを含む会席料理を味わう会を開催しました。

青木酒造 青木社長による開会のご挨拶に続き、

日清食品ホールディングス CFO横山の乾杯のご挨拶で会がスタート!


赤坂浅田の浅田さんによる赤坂浅田の歴史やお料理のご紹介も。

赤坂浅田の広々としたお部屋で、旬食材をふんだんに使った特別な会席料理をじっくりとご堪能いただきました。








閉会は島商 島田社長によるご挨拶・油問屋業界伝統の「油〆」。

今年創業400年を迎えた老舗 萬年堂のご主人もご参加くださり、伝統の継承、老舗についてのお話も。
伝統と革新が感じられる豊かなひと時。

ご参加くださった皆様、赤坂浅田の皆様、享保の会関係者の皆様、ありがとうございました! これからも青木酒造、竹本油脂、島商の3社、そして享保の会を、よろしくお願い致します!

<享保の会とは?>
享保の会は、享保年間(1716~1735)創業の老舗企業数社が享保年間から約300年にわたり支えてきてくださったお客様・取引先の皆様への感謝と、伝統の次世代への継承に対する思いをこめ、開催する会です。

赤坂浅田:http://www.asadayaihei.co.jp/
青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/
島商 http://www.shimasho.co.jp/
竹本油脂 http://www.takemoto.co.jp/
*青木酒造・島商・竹本油脂 ともに享保年間創業の老舗企業です。

(協力:ジャパントラディショナルカルチャーラボ http://jtcl.co.jp/)




ヴァン クリーフ&アーペル様:ハイジュエリーと日本の工芸(漆芸蒔絵 人間国宝 室瀬和美先生)@京都建仁寺塔頭両足院

【ヴァン クリーフ&アーペル様:京都での文化プログラム】
ハイジュエリーと日本の工芸(漆芸家 漆芸蒔絵 人間国宝 室瀬和美先生)@京都建仁寺塔頭両足院。
通常非公開の空間で、日本の美と技、最高峰の文化にふれる特別な体験をお楽しみいただきました。















寿司・北斎・暗闇ご飯…外国人経営者向け「日本文化プログラム」YPO Conference “Undiscovered Japan”

YPO(Young President Organization) 北アジアの経営者の皆様を中心にグローバルで活躍する経営者の皆様が集う盛大なカンファレンス。
テーマは「Undiscovered Japan」。
東京から出発し、舞台は新緑の美しい日光。

鬼怒川金谷ホテルさんの洗練された空間で、



日本文化のプログラムを体験いただきました!

当社企画の文化プログラムの一部をご紹介。
プログラムは全て英語で行いました。

Sushi Making Experience。講師は大森海岸 松乃鮨の四代目 手塚さん。


日本の食・寿司文化について学び、実際に寿司の握り体験も。

HOKUSAI and Ukiyo-e Experience。講師は北斎漫画の世界的コレークターであり浦上蒼穹堂の浦上満さん。


富嶽三十六景や北斎漫画・春画など貴重な北斎作品を多数展示し、鬼怒川金谷ホテルがこの日限りのプライベートミュージアムに。



緑泉寺 住職の青江覚峰さんによる「暗闇ごはん」。アイマスクをし暗闇の中、先入観をとりはらい食と真摯に向き合う貴重なひと時を体験いただきました。


お料理は青江氏と鬼怒川金谷ホテルさんのコラボレーションによる特別メニュー。
先入観をもたず、食に真摯に向き合う豊かな時間を体感いただきました。

そして最終日。フィナーレは、日光江戸村貸切企画!

江戸の風情、食・パフォーマンスをお楽しみいただきました。


ご参加くださった皆様、ご尽力くださった関係者の皆様、貴重な機会をくださったYPOの皆様、ありがとうございました。




江戸の歌舞伎文化【神田明神「明神塾」江戸の美と匠の世界】2017年度第1回開催

今年で20年目となる神田明神様の歴史ある文化事業 明神塾 「江戸の美と匠の世界」を学ぶシリーズ企画。今年度第1回「江戸の歌舞伎文化」を開催しました!

第一部は 「神社文化講座」 。今回は國學院大學研究開発推進機構ポスドク研究員の秋野淳一氏をゲストとしてお迎えし、「現代都市祝祭考-神田祭のにぎわいを科学する-」をテーマにお話いただきました。
その後 、関係者・参加者の皆様と正式参拝をさせていただき、会場に戻り、第二部スタート。

前半は、安藤塾長から歌舞伎が江戸の経済・文化・社会におよぼした影響について お話いただきました。


後半は、歌舞伎ソムリエのおくだ健太郎氏をゲストにお迎えし、歌舞伎の魅力や演目のこと、歌舞伎ソムリエ・イヤホンガイドなど歌舞伎の魅力を伝える仕事についてお話いただきました。

江戸の歌舞伎文化について身近に感じていただける良い機会となりました。 本企画で企画協力・司会進行を務めさせていただけること、幸せに思います。お集まりくださった皆様、おくださん、安藤塾長、神田明神の皆様、ありがとうございました!
次回の明神塾は6月14日(水)テーマは「江戸の庭園文化」を予定しています。神社や江戸の文化の魅力を体感しにぜひいらしてください。



この日は境内の桜も綺麗でした!


8月18日には前塾長であり法政大学総長の田中優子先生による特別講座など明神塾20周年の企画も開催予定です。
また5月はなんといっても神田祭!ぜひおはこびください。

▼明神塾 巻之120 江戸の美と匠の世界
http://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail.html?id=62




20周年記念!神田明神「明神塾」4月12日開校。当社代表神森が企画協力・司会進行を務めさせていただきます。テーマは「江戸の美と匠の世界」

神田明神様の文化事業の一つ、20年目を迎える伝統ある「明神塾」。今年は 4月12日(水)からスタート!
「江戸の歌舞伎文化」をテーマに開催予定です。
初代は荒俣宏先生、二代は田中優子先生、現在は安藤優一郎先生が塾長を務める現代の寺子屋。
今年も、当社代表 神森が企画協力・司会進行を務めさせていただきます。

18時〜の第一部は「神田祭講座(神社文化講座)」。19:00〜正式参拝。19:15〜の第二部は、「江戸の美と匠の世界」をテーマとしたミニ講座に加え、タイトルにちなんだゲストとの対談を通じ、皆様を魅力あふれる江戸文化の世界にいざないます。
年内6回の開催で通年のお申込の他、単発でのご参加・当日のお申込も受け付けておりますので、ご都合つく際に、皆様ぜひいらしてください!
今年は神田祭の年ということで、年間会員様のみの特典も!
また20周年記念として特別な企画もご用意させていただく予定です。
神社を江戸をもっと身近に感じてみませんか?
皆様のご参加、お待ちしております。

▼詳細はこちら
http://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail.html?id=62

■開催時間
18:00〜「神田祭講座(神社文化講座)」
19:00〜 正式参拝(有志)
19:15〜20:45「江戸の美と匠の世界」

■テーマ
第1講 4月12日(水) 江戸の歌舞伎文化
第2講 6月14日(水) 江戸の茶道文化
第3講 7月12日(水) 江戸の庭園文化
第4講 9月13日(水) 江戸の刀剣文化
第5講 10月11日(水) 江戸の雅楽文化
第6講 11月22日(水) 江戸の神社文化
※5月11日~17日「神田祭」にて年間会員様のみの特典あり!

【開催場所】 神田明神祭務所地下ホール
【募集人数】 100名様
【受講料】
 通年 12,000円(全6回分) 
 単回 2,200円(崇敬会員は2,000円)

【申込方法】
申込を明記し、郵送、メールにてお申し込み下さい。その際、住所、氏名、性別、年齢、職業、連絡先電話番号を記載いただき下記にお送りください。
郵送の場合 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
メールの場合 kouhou@kandamyoujin.or.jp

【主催】神田明神 担当・鳥居、岸川
 TEL 03-3254-0753 FAX 03―3255-8875




「第48回 中部マーケティング会議」にて、当社代表 神森が「日本の文化を通じて人々の生活をより豊かに」をテーマにお話させていただきました

「第48回 中部マーケティング会議」にて、当社代表 神森がゲストとして「日本の文化を通じて人々の生活をより豊かに」をテーマにお話させていただきました。


参加者の皆様、中部マーケティング協会の皆様、関係者の皆様、貴重な講演の機会、ご縁をいただき、ありがとうございました!



講演後の交流会でも多くの素晴らしいご縁をいただきました。


「未来志向の顧客感動マーケティング〜モノからコトへ、コトからココロへ〜」をメインテーマに、日本を代表する企業経営者の皆様、良品計画 金井会長、花王 澤田社長、パナソニック小川役員、ドワンゴ 川上会長、九州旅客鉄道株式会社 唐池会長などから経営への想いや志・最新のマーケティング事例をうかがう2日間にわたる盛り沢山の企画。大変勉強になりました。

第48回 中部マーケティング会議
開催日:2017年3月7日(火)・8日(水)
会場:名古屋観光ホテル
講演者:
株式会社良品計画 金井会長/花王株式会社 澤田社長/パナソニック株式会社 小川役員/株式会社ドワンゴ 川上会長/九州旅客鉄道株式会社 唐池会長/柔道家(ミキハウス所属) 野村忠宏氏 他




神田明神様 節分祭豆まき式(平成29年)

節分祭 豆まき式の企画のため神田明神様へ。

お天気にも恵まれ、境内は大賑わい。

参進、式典、弓を天と地にむけて弾き邪気をはらう鳴弦の儀に続き、
「鬼は外 福は内」の声が響き豆まきスタート。



節分祭や豆まきの起源に思いをはせつつ、今年一年の無病息災、災厄消除、開運招福を祈願。
直会の後、お客様皆様を笑顔でおみおくりでき一安心。


関わってくださった皆様に感謝。

明日は立春。
皆様のもとにも多くの福が訪れる一年となりますように。




【享保の会】第15回@COVA TOKYO開催

享保年間創業の老舗企業による感謝祭「享保の会」第15回として、ミラノのセレブリティーに200年間愛され続けるリストランテ「COVA」にて、 創業享保2年 新潟県 南魚沼の酒蔵【青木酒造】の醸造する銘酒「鶴齢」とともに、COVA TOKYOによるこの日限定の鶴齢とのマリアージュをお楽しみいただける特別メニューを味わう会を開催しました。

青木酒造 青木社長による開会のご挨拶に続き、

竹本油脂 竹本専務の乾杯のご挨拶で会がスタート!

COVA TOKYOの吉岡さんによるお料理のご紹介に続き。

今回は特別に大治様のご協力のもと美味しい東京野菜をふんだんに使ったメニューを!ということで大治の本多社長による東京野菜についてのお話も。

東京野菜をふんだんに使ったメニュー、や、太白ごま油で揚げたフリットミストをはじめとするメニューなど…享保の会特別料理が盛り沢山!メインの松阪ポークのローストやブラックアンガス牛のタリアータなどをうっかり撮影しそびれましたが…どれもとても美味しかったです!



2016年は日伊国交150周年、2017年はCOVAは創業200年、青木酒造は創業300年!と特別な年。

青木酒造はイタリアでも会を開催したことがあり、現地の大使からのイタリアン・和食・日本酒についてのエピソードなどもお話くださいました。


中締めは島商 島田社長によるご挨拶。閉会は竹本油脂、島商にちなんで油問屋業界伝統の「油〆」。

ご参加くださった皆様、COVA TOKYOの皆様、享保の会関係者の皆様、ありがとうございました!

これからも青木酒造、竹本油脂、島商の3社、そして享保の会を、よろしくお願い致します!

<享保の会とは?>
享保の会は、享保年間(1716~1735)創業の老舗企業数社が享保年間から約300年にわたり支えてきてくださったお客様・取引先の皆様への感謝と、伝統の次世代への継承に対する思いをこめ、開催する会です。

COVA TOKYO:http://covajapan.com/ristorante/
青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/
島商 http://www.shimasho.co.jp/
竹本油脂 http://www.takemoto.co.jp/
*青木酒造・島商・竹本油脂 ともに享保年間創業の老舗企業です。
(協力:ジャパントラディショナルカルチャーラボ http://jtcl.co.jp/




女はいつも楽しく美しく!日本の美意識と食-精進料理×茶道-

1月25日美容記念日特別対談企画。

「日本の美意識と食」をテーマに、精進料理研究家の藤井まり先生と遠州茶道宗家 茶道家の小堀宗翔先生に、和食・精進料理、茶道、美容と健康、禅の精神や美意識、日本文化の若い世代や海外への発信、メイ牛山先生の美意識・食へのこだわりについてなど…じっくりとお話をうかがいました。


ラクロス日本代表としてグローバルにスポーツ界でも活躍する宗翔先生、アメリカ・フランス・イギリス・マレーシアなど世界各地で精進料理や心と食について発信されているまり先生。

分野は違えど同じ思いで日本文化の普及継承に取り組むお二人とご一緒できたご縁に感謝‼

お集まりくださった皆様、まり先生、宗翔先生、牛山さんをはじめハリウッドの皆様、ありがとうございました‼

今年のテーマの1つは「日本の美」!色々な角度から企画を実現できたらと思います。

ハリウッド化粧品: https://hollywood-jp.com/topic/1680
会場:六本木ヒルズ ハリウッドビューティプラザ 4F「メイスクラブ」

「女はいつも楽しく 美しく」
メイ牛山先生の言葉。

貴重な機会、ご縁に感謝。




謹賀新年

newyear2017
謹んで新年のお慶びを申し上げます。昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
平成二十九年は「丁酉(ひのととり)」。機が熟し、これまでの結果や成果が形になる年。
今年も「日本文化の活性化・発展につながる事業を通じて人々の生活をより豊かにするため」、真摯に事業に取り組み、良い機会やご縁を取り込み、新しい事に果敢に挑戦し結果をだす飛躍の年となるように努力を続けてまいります。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

元旦から3日間にわたり東京国際フォーラムにて日本文化の多彩な魅力を体験、発見、堪能できる正月イベント「J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」が開催されます。
狂言師の野村萬斎氏、三味線プレイヤーの上妻宏光氏、落語家の立川談春氏なども出演する「伝統と革新」がテーマの公演プログラム&日本の伝統的なお正月を体験・発見できる正月テーマパークを展開。日本文化・日本のお正月を体感しに!足を運んでみてはいかがでしょう。

本年が皆様にとっても、実り多き素晴らしい一年となりますように。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

平成二十九年 元旦
ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社