節分

節分とはもともと、「季節の分かれ目」を意味していました。現在では特に、立春の前日である2月3日がこれに当たり、この日の夜、煎った大豆を家の内外にまきながら「鬼は外!福は内!」と唱え「豆まき」をおこないます。
その年の健康・無病息災を祈り、大豆を年の数だけ食べるという習慣もあります。 神社でも大掛かりな豆まきが実施されます。

Setsubun(The eve of the first day of spring)
Setsubun actually signifies the parting of the seasons; especially nowadays it falls on about February 3 , the day before the first day of spring. On the evening of this day, people yell,”Out with the ogre(demon)! In with the happiness!” while scattering parched soy beans inside and outside their homes.
To pray for good health for the year, there is also the custom of eating only the same number of soy beans(called fukumame) as one’s age. At temples and shrines,too,bean scattering is practiced on a grand scale.

■やいかがし
節分の夜、家の戸口に、イワシの頭、柊の葉を飾る習慣があります。これは、イワシの臭いと柊の葉のとげで鬼を追い払うという意味をもっています。
Yaikagashi
On the night of setsubun,the head of a sardine and leaves of holly are displayed at the entrance of houses. It is a charm to drive away the demon with the smell of the sardine and the spiky leaves of the holly.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*