Monthly Archives: 4月 2018

江戸の工芸【神田明神「明神塾」江戸の美と匠の世界】2018年度第1回開催

今年で21年目となる神田明神様の歴史ある文化事業 明神塾 「江戸の美と匠の世界」を学ぶシリーズ企画。今年度第1回「江戸の工芸」を開催しました!

第一部は 「神田明神と文化講座」。今回は「江戸時代小説実作者から見た神田明神」をテーマにゲストとして小説家 福原俊彦氏をお迎えしお話いただきました。
その後 、関係者・参加者の皆様と正式参拝をさせていただき、会場に戻り、第二部スタート。前半は、安藤塾長から江戸城や大名屋敷の御用を勤めるかたわら町人社会にも出入りすることで営業を活発に展開した職人たちの、職人仲間内外での競争が技術力向上の背景になっていた様子について。
後半は創業400年超の団扇・扇子の老舗、伊場仙 第14代目代表取締役の吉田氏をお迎えし、伊場仙の歴史、江戸時代の浮世絵・団扇ビジネス、職人さんのものづくりについてなど…じっくりとお話をうかがいました。




吉田氏の著書『遠き海原 世界都市「江戸」誕生の物語』もぜひお読みになってみてください。
お集まりくださった皆様、吉田様、神田明神の皆様、ありがとうございました!
次回は6月20日(水) 「江戸の音楽」をテーマに、ゲストとして薩摩琵琶奏者の水島氏をお迎えし開催予定です!
単発でのご参加・当日のお申込も受け付けておりますので、ご興味のある方、ぜひいらしてください!

▼明神塾 巻之21 江戸の美と匠の世界 http://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail/?id=68