ブログアーカイブ

ホテルニューオータニ様の<お正月プラン>開催レポート&御礼

ホテルニューオータニ様のお正月プラン、1月3日に無事終了しました!
感謝・笑顔・笑い声に満ちた令和三年の仕事はじめ、貴重な機会・ご縁をいただけたこと、ありがたく幸せに思います。
「日本の文化を通じて人々のくらし・心をより豊かに」をミッションとして事業を展開する当社としては日本文化の裾野を広げる上で、日本の文化やお正月の魅力を三世代で体感していただく有意義な機会となりました。
コロナ禍の困難な状況下での開催となりましたが、様々な対策を講じ、お客様に安心してお楽しみいただくことができ、ほっとしています。このような時代にこそ、日本の文化を通じて、日本文化の核にある自然との共生・多様性の受容・調和、思いやりの和の心などに触れ、お一人ひとりの心がより豊かになることを願うばかりです。
今回の企画では、日本の伝統芸能・芸道・工芸などの他、「三世代で楽しむ」「ファミリー層・お子様向け」をキーワードにプランニングさせていただきました。
子供も大人も楽しめる科学あそび・実験ショーでは、科学の楽しさをすべての人に!というテーマの通り、まさに三世代のお客様にお楽しみいただくことができました。身の回りの事象・様々なことを当たり前に思わず、子供たちの「なぜ?」を大切に、仮説をたて論理的に思考し答えを導き出すこと、興味をもち考え、学び、体験することの楽しみ、科学のワクワクを体感していただく貴重な機会となりました。記憶型ではなくこうした体験型・思考型の学びこそ重要だと改めて感じ、今後の教育事業に生かしていきたいと思いました!
大人の学びとしては、池上彰氏や西岡幸一氏による今年の世界情勢・経済展望についてのトークショーなども。
歴史家による「歴史に学び、未来を読む」のトークショーでは、時代の変化の兆しをとらえ、いかに思考し、スピード感をもって柔軟に判断・行動するか?という元日のお話、詩仙堂を建立した石川嘉右衛門(石川丈三)のエピソードが胸に響きました。徳川家康の側近であった嘉右衛門は武勇の人。戦乱の世で武功を上げるために命をかけてきた彼が、大阪夏の陣での命令違反の一番槍の大手柄に対する処分(蟄居閉門)をきっかけに、戦乱の世は終わり時代が変わったこと。これまでの常識はもはや通用しないということに気づき猛省し、武骨一辺倒から猛勉強し、武将から学者への転進を図り、漢詩・儒学・茶道・庭園設計などで知られる学者となったその生き方。時代の変化に気づき、新しい時代にあわせ柔軟に生き方を変えていくことの重要性を改めて感じました。コロナ禍で困難な時代、価値観が大きく変化する変革期。心の豊かさがより重視される時代、精神性の時代となることを感じ、そんな時代に日本の文化を通じていかに社会に貢献できか?を日々考えています。
歴史は事実として記憶し知ることではなく、歴史の背景を理解し、そこから現在にいかせる学びをえること、そして、歴史から未来をよみとくという視点の重要性を改めて感じました。人生は視点次第。
今年の明神塾のテーマも「未知の時代を歴史に学ぶ」。
一つ一つの機会・ご縁を通じて、日々学ばせていただけることに感謝。
これからも関わってくださる皆様にとって良い契機となり、豊かさや幸せを感じていただけるような日本文化関連の様々な企画・事業を実現すべく尽力したいと思います!



新年のご挨拶!令和二年の振り返りと令和三年の仕事始め

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
昨年の仕事始めは、日本文化の祭典企画「J-CULTURE FEST 2020」@東京国際フォーラムでした。
お正月より約10万人のお客様にご来場いただき、大勢のお客様に多彩な日本文化の魅力にふれ気軽にお楽しみいただくことができ、出展者・関係者の皆様からも感謝の言葉をいただくことができ、とても嬉しく幸せを感じながら一年がスタートしました。
 
その後、新型コロナウィルスの影響で、予定していた様々な文化芸術関連の企画・イベントが延期・中止となり困難な状況になりましたが、突如生まれた余白・時間・課題を大切に、与えていただいた必要なものとして受け止め、「日本の文化を通じて人々のくらし・心をより豊かに」のミッションに真に向き合い、新しい時代・社会に対し貢献できること、提供できる価値、新しい事業・企画、働き方・生き方について、じっくりと考え真摯に向き合う時間をもつことができたのは有意義で、多くの学びや気づきを得ることができました。
そしてコロナ禍でも徐々にニューノーマルを模索し新しい企画が実現できるようになり、
ラグジュアリーブランドさんとのコラボ企画、ホテル様とのお取り組み、
 
文化芸術による地域活性化につながる地方でのプロジェクト、大学での講演や教育事業など未来の日本文化を支える次世代の育成にも取り組ませていただくことができました。
令和三年の干支は「辛丑」。創造と破壊が起こる転換期の一年となりそうです。
今年の仕事始めは、ホテルニューオータニ様のお正月プラン。コロナ禍で様々な対策を講じつつ、お客様をお迎えさせていただきました。
   
三世代が楽しめるプランということで、まさに幼いお子様からご年配のお客様まで、幅広い層の皆様にお楽しみいただき、新しい年を沢山の笑顔とともに迎えることができる幸せを感じています。
歴史に学び、未来を読む。時代の変化の兆しをとらえ、いかに思考し、スピード感をもって柔軟に判断・行動するか?元日の歴史家の先生のお話が胸に響きました。
本年が皆様にとりましても、幸多き一年となりますように。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社
代表取締役 神森 真理子



【神田明神・明神塾2021】ウィズコロナ時代に「未知の時代を歴史に学ぶ」のご案内

神田明神様の文化事業の一つ、現代の寺子屋「明神塾」 。来年度(令和三年)の年間テーマは「未知の時代を歴史に学ぶ」!ウィズコロナ時代に、現代人が新たな生活様式に踏み出すためのヒントを江戸の社会に探ります。
 
来年度は、塾長として安藤優一郎先生、そして新たに滝口正哉先生にご就任いただきます。これまでの平日夜から土曜午前中に、会場は新たに神田明神文化交流館での開催となります。
来年も引き続き、企画協力・司会進行を務めさせていただけること、嬉しく思います。
年内6回の開催で通年のお申込の他、単発でのご参加・当日のお申込も受け付けておりますので、ご都合つく際に、ぜひいらしてください!


 
神社を江戸をもっと身近に感じてみませんか?
皆様のご参加、お待ちしております。
 
▼詳細はこちら
■テーマ「未知の時代を歴史に学ぶ」
第1回 4月17日(土)
 第1部「博物館世界と江戸文化」 滝口正哉先生
 第2部「江戸の医療改革と小石川養生所」安藤優一郎先生
第2回 6月12日(土)
 第1部「プロレスと格闘技の境界線」布施鋼治氏(スポーツライター)
 第2部「江戸幕府の『持続化給付金』と流行病」 安藤優一郎先生
第3回 7月10日(土)
 第1部「『史実』から『ドラマ』へ 〜大河ドラマ制作の過程~」 大加章雅氏(NHK出版編集局長)
 第2部「疱瘡と江戸庶民信仰」滝口正哉先生
第4回 9月11日(土)
 第1部「江戸っ子が愛した魑魅魍魎 ―お化け浮世絵の世界―」山本野理子氏(浮世絵研究家、美術史家)
 第2部「種痘の普及と西洋医学の台頭」安藤優一郎先生
第5回 10月9日(土)
 第1部「キュアとケア 現代医療と伝統医療における多様性と調和」 稲葉俊郎氏(軽井沢病院医師・医学博士)
 第2部「幕末のコレラ騒動」 滝口正哉先生
第6回 11月13日(土)
 第1部「江戸勤番侍の食生活」安藤優一郎先生
 第2部「麻疹流行とはしか絵」滝口正哉先生
■開催時間
10:00 受付 / 10:15〜昇殿参拝
10:25 ~ 11:25 第1部 / 休憩 / 11:30 ~ 12:30 第2部
 
会場:神田明神 文化交流館B1
受講料:通年 20,000円(全6回分) / 単回 3,500円
▼詳細・お申込はこちらから
 
※講師、演題、日程は都合により予告なく変更することがありますので、ご了承ください。



2021年ホテルニューオータニ「お正月プラン」かわら版のご案内!三世代で楽しめる多彩なプログラムを公開

2020年12月31日(木)〜2021年1月3日にホテルニューオータニ東京様にて開催する「お正月プラン」にて、日本の伝統芸能・工芸、ファミリー層向け企画など当社も企画協力させていただきます!
速報版に続き、多彩なプログラムが加わった詳細の「かわら版パンフレット」が公開されていますので、ご覧ください。
紅白ものまね歌謡祭、落語(春風亭小朝さん、桂三輝さん他)、講談(神田伯山さん)、能楽(観世流能楽師)、津軽三味線や大和楽など伝統芸能や、江戸の匠 逸品展、陶芸教室など伝統工芸やものづくり体験、初釜、書き初めなどの他、
池上彰さんが読み解く!2021年の世界情勢をはじめとするトークショー 、由紀さおりさんをはじめとする歌手の皆様によるコンサートや歌声喫茶、お子様も一緒に楽しめる実験ショーやスイーツサンプル教室など…盛り沢山!
年越しそばやもちつきなどの食もお楽しみいただけます。
伝統的な美食と日本文化・芸能・お正月らしさを楽しめる豊富なイベントでお迎えする日本最大級の歴史あるお正月プラン。
年末年始は東京で、美味しい・楽しい・快適、三世代で安心してお楽しみいただけるホテルならではの優雅なお正月を味わってみてはいかがでしょう?
■「お正月プラン2021」概要
日程:2020年12月31日(木)〜2021年1月3日(日)
会場:ホテルニューオータニ東京、ホテルニューオータニ幕張
今こそ自国に目を向け、日本文化や日本各地の魅力を、日本人の皆様にもお楽しみいただきたく当社も企画協力させていただいています。



“日本最大級” ホテルニューオータニの年末年始「お正月プラン2021」開催!速報版パンフレットのご案内

年末年始にホテルニューオータニ様の“日本最大級”の「お正月プラン2021」にて、日本の伝統芸能・工芸、ファミリー層向け企画など…当社も企画協力させていただきます!

伝統的な美食と日本文化・芸能・お正月らしさを楽しめる豊富なイベントでお迎えするホテルニューオータニ様の歴史あるお正月プラン。

現在一部企画が掲載された「速報版パンフレット」を公式サイトにて公開中です。



明日からは四連休。年末年始の計画を早めに立てたい時期ですね。
さらに多彩なプログラムの情報が加わった詳細の「かわら版パンフレット」は来月公開予定ですので、改めてご案内させてください。

年末年始は東京で、美味しい・楽しい・快適、三世代で楽しめるホテルならではの優雅なお正月を楽しんでみてはいかがでしょう!?

■「お正月プラン2021」概要
日程:2020年12月31日(木)〜2021年1月3日(日)
会場:ホテルニューオータニ東京、ホテルニューオータニ幕張
公式サイト:https://www.newotani.co.jp/tokyo/newyear/

「GoToトラベル」キャンペーンの対象に、10月1日からついに東京も追加されることが決定し、ホテル様からご相談いただく機会も増えています。今こそ日本文化や日本各地の魅力を、ぜひ日本人の皆様にもお楽しみいただきたく当社もご支援させていただいております。




あの人の「美味しい」に出会う”極上グルメキュレーションサイト「ippin」にて、当社代表 神森の記事『あの老舗名店の味をおうちで堪能!「うなぎ蒲焼真空パック」』が掲載されました

食に精通した方たちの選りすぐりの逸品をご紹介するキュレーションサイト「ippin(イッピン)」。
当社代表 神森もキュレーターを務めており、最新記事『あの老舗名店の味をおうちで堪能!「うなぎ蒲焼真空パック」』が公開されました。

今年の土用の丑の日は、7月21日、8月2日。
1800年創業の老舗「うなぎ割烹 大江戸」のこだわりの味をご自宅で!夏の贈り物、土用の丑の日に「うなぎ蒲焼真空パック」、いかがでしょう?
https://ippin.gnavi.co.jp/article-17488/




神田明神「明神塾」、7月22日開校。テーマは「江戸東京の伝統文化と交流」(年内6回)

神田明神様の文化事業の一つ伝統ある「明神塾」 は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開講が延期となっておりましたが、7月22日(水)の開講が決定しましたのでお知らせします。

初代は荒俣宏先生、二代は田中優子先生、現在は安藤優一郎先生が塾長を務める現代の寺子屋。今年も引き続き、企画協力・司会進行を務めさせていただけること、嬉しく思います。
18時〜の第1部は「神田明神と現代文化の交流」。19:00〜正式参拝。19:15〜の第2部は、「江戸東京の伝統文化と交流」をテーマとしたミニ講座に加え、タイトルにちなんだゲストとの対談を通じ、奥深い日本文化の世界へと皆様をいざないます。

通年のお申込の他、単発・当日のお申込も受け付けております。
神社を、江戸をもっと身近に感じてみませんか?
ご参加、心よりお待ちしております。


■開催時間
18:00〜 第1部「神田明神と現代文化の交流」
19:00〜 正式参拝(有志)
19:15〜20:45 第2部「江戸東京の伝統文化と交流」

■テーマ

第1部「神田明神と現代文化の交流」

7月22日(水)「エンタメ戦国時代を射抜く三本の矢」木谷高明氏(ブシロード創始者)
8月26日(水)「武道と日本文化」佐山サトル氏(初代タイガーマスク)
9月23日(水)「マンガと歴史文化の再構築」サンドロビッチ・ヤバ子氏、マンガワン小林 翔氏(小学館 ケンガンアシュラ作者)
10月21日(水)京極夏彦氏(小説家、妖怪研究家)
11月18日(水)「神職のまつりと作法」 星野光樹氏(國學院大學専任講師)
12月9日 (水)「伝統文化が創られるということ」岸川雅範(神田明神権禰宜)

第2部「江戸東京の伝統文化と交流」

7月22日(水)「江戸・東京の宮廷外交」井上茂男氏 皇室ジャーナリスト(元読売新聞編集委員)
8月26日(水)「江戸・東京のスポーツ文化」吉川英夫氏 公益財団法人日本武道館事務次長
9月23日(水)「江戸・東京の海外交流」高山みな子氏 勝海舟玄孫
10月21日(水)「江戸・東京の科学技術」山浦雄一氏 元宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事
11月18日(水)「江戸・東京の観光」
12月9日 (水)「江戸・東京の学問文化」松本久史氏 國學院大學教授

【開催場所】 神田明神祭務所地下 参集所

【受講料】
通年 15,000円(全6回分)
単回 3,000円(崇敬会員は2,700円)

【申込方法】
郵送:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
FAX:03-3255-8875
メール:kouhou@kandamyoujin.or.jp

【主催】神田明神 担当・鳥居、岸川
TEL 03-3254-0753 FAX 03-3255-8875

※今後、政府や関係省庁、自治体などからの新たな情報発表がなされた場合は、その内容により変更が生じる場合もございます 。ご了承ください。その際には改めてお知らせいたします。




「日経xwoman Terrace」の当社代表 神森の最新記事「新型コロナ時代のおうち時間の楽しみ方&学び!文化芸術を気軽に!」が公開されました

「日経xwoman(クロスウーマン)Terrace」アンバサダーブログの当社代表 神森の最新記事

新型コロナ時代のおうち時間の楽しみ方&学び!文化芸術を気軽に!
https://woman.nikkei.com/atcltrc/blog/kamimorimariko/post/6956a2a54227422596a2a54227e22593/」
が公開されました。

よろしければご一読ください。




開講延期:神田明神 明神塾「江戸東京の伝統文化と交流」

4月22日(水)の開講を予定し準備を進めておりました神田明神様の文化事業「明神塾」ですが、現在の状況を鑑み、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開講が延期となりましたので、お知らせします。
4月22日のテーマ「江戸・東京のスポーツ文化」については、8月26日(水)に変更及び延期とさせていただきます。
すでにお申し込みいただいている皆様には、近日中に神田明神 広報担当より直接ご連絡が参ります。受講予定の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません。皆様の健康と安全面を最優先に考慮し延期とさせていただきますこと、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
一日も早い終息を心より祈念いたしております。

▼詳細はこちら:『明神塾』江戸・東京の伝統文化と交流Ⅱ
https://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail/?id=78 

※今後、政府や関係省庁、自治体などからの新たな情報発表がなされた場合は、その内容により変更が生じる場合もございます 。

■開催時間
18:00〜 第1部「神田明神と現代文化の交流」
19:00〜 正式参拝(有志)
19:15〜20:45 第2部「江戸東京の伝統文化と交流」

■テーマ
第1部「神田明神と現代文化の交流」

4月22日(水)「伝統文化が創られるということ」岸川雅範(神田明神権禰宜)
→ 8月26日(水)に延期

6月17日(水)「武道と日本文化 佐山サトル氏(初代タイガーマスク) →調整中

7月22日(水)「エンタメ戦国時代を射抜く三本の矢」木谷高明氏(㈱ブシロード創始者、同社コンテンツ本部本部長)
9月23日(水)「マンガと歴史文化の再構築」サンドロビッチ・ヤバ子氏、マンガワン小林 翔氏(漫画『ケンガンアシュラ』原作者、担当編集者[小学館マンガワン編集部])
→4月22日から9月23日へ変更

10月21日(水)タイトル未定 京極夏彦氏(小説家、妖怪研究家)
11月18日(水)「神職のまつりと作法」 星野光樹氏(國學院大學専任講師)

第2部「江戸東京の伝統文化と交流」

4月22日(水)「江戸・東京のスポーツ文化」吉川英夫氏 公益財団法人日本武道館事務次長
→ 8月26日(水)に延期

6月17日(水)「江戸・東京の学問文化」松本久史氏 國學院大學教授  →調整中

7月22日(水)「江戸・東京の宮廷外交」井上茂男氏 皇室ジャーナリスト(元読売新聞編集委員)
9月23日(水)「江戸・東京の海外交流」高山みな子氏 勝海舟玄孫
10月21日(水)「江戸・東京の科学技術」山浦雄一氏 元宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事
11月18日(水)「江戸・東京の観光」

【開催場所】 神田明神祭務所地下 参集所

【人数】 100名様
【受講料】
通年 15,000円(全6回分)
単回 3,000円(崇敬会員は2,700円)

【申込方法】
郵送:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
FAX:03-3255-8875
メール:kouhou@kandamyoujin.or.jp

【主催】神田明神 担当・鳥居、岸川
TEL 03-3254-0753 FAX 03-3255-8875

※講師・演題・日程は都合により予告なく変更することがございますので、ご了承ください。




あの人の「美味しい」に出会う”極上グルメキュレーションサイト「ippin」にて、当社代表 神森の記事『30種類以上ものお菓子がぎゅっ!とつまった江戸の粋を感じる「冨貴寄」』が掲載されました

食に精通した方たちの選りすぐりの逸品をご紹介するキュレーションサイト「ippin(イッピン)」。

当社代表 神森もキュレーターを務めており、最新記事『30種類以上ものお菓子がぎゅっ!とつまった江戸の粋を感じる「冨貴寄」』が公開されました。

桃の節句や、桜の季節の手土産・贈り物にぴったりな雛祭り・桜色缶等…逸品をご紹介しています。

お時間ある際にご一読ください。

https://ippin.gnavi.co.jp/article-17411/