Blog Archives

当社代表 神森が日本文化の国内外への発信・次世代への継承に貢献をした功績をご評価いただき東久邇宮記念賞を受賞いたしました

当社代表 神森が、日本文化の国内外への発信・次世代への継承に貢献をした功績をご評価いただき、東久邇宮記念賞を受賞いたしました。

平成31年4月18日に大阪にて授与式が開催され、賞を授受いたしました。

平成から令和へ。新時代の幕開け、平成最後の授与式にてこのような賞を受賞させていただけたこと、貴重な機会、大変光栄に思います。
日頃よりお力添えいただいております皆様に感謝いたしますと共に、今後も「日本の文化を通じて人々のくらし、心をより豊かに」の使命に忠実に、真の意味で社会に貢献できる事を成すことができるように精進したいと思っております。

国内における日本文化の裾野を広げる事業、日本文化の真髄を体感いただくプレミアムな文化プログラムのご提供などの他、今後は海外での事業、地域を拡大し地方でのプロジェクトを充実させていく他、学校での子ども向けの日本文化体験プログラム・企業研修の企画開発を手がけるなどの教育事業を通じ、未来の日本文化を支える若い世代の育成にも力を注いで参る所存です。
今後ともご指導ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役 神森真理子
https://jtcl.co.jp/

▪️東久邇宮記念賞とは
「東久邇宮記念賞」は、高松宮記念賞・秩父宮記念賞と共に、「三大宮様賞」と云われている賞で、『大衆のノーベル賞』とも言われています。
戦後初の宮家出身の首相である東久邇宮稔彦王の第一王子で昭和天皇の娘婿であられる東久邇宮盛厚殿下が「発明には上下貴賎の別はない、みんな尊い。ノーベル賞を百とるより、国民一人一人が小発明をすることの方が大切だ。一億総発明運動を起こしたい。」との理念のもとに創設され、発明や日本文化発展のために文化・芸術・福祉・運動等の各分野において優れた業績に寄与し、世の人々に希望の灯火を照らした社会貢献の功績を評して授与される歴史と権威ある賞です。

過去の受賞者は、経済界ではトヨタの豊田章一郎社長、マブチモーターの馬渕健一社長、関東自動車の林田社長、大和精工の松井社長、日刊工業新聞社の白井 十四雄社長など、学術界ではロケットを発明した糸川英夫博士、アンテナを発明した八木秀次博士など、政界では元内閣総理大臣の三木武夫氏、竹下登氏、中曽根康弘氏、元東京都知事の青島幸雄氏など、文化人では作家の遠藤周作氏、落語家の柳屋金五楼氏、桂米丸氏などの政官学界から民間までの各界に渡っています。




別所哲也さんがパーソナリティーを務める「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」のMORNING INSIGHTコーナーに当社代表 神森が出演

別所哲也さんがパーソナリティーを務める「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」のコーナー、MORNING INSIGHTに当社 代表 神森が出演いたしました。

「日本の伝統文化の魅力を国内外へ発信する日本文化の伝道師の仕事にINSIGH!」ということで、
・日本文化を国内外へ発信する現在の仕事について
・日本文化に携わる仕事を志した想いの原点
・海外のお客様からのニーズ
・ハードルが高いと思われがちな日本文化を、なじみがない人も気軽に体験できるよういかに紹介・発信するか?
・日本文化のプレゼンスを高めるために必要なこととは?
などについてお話させていただきました。
▼こちらから視聴可能です(期間限定)
http://radiko.jp/#!/ts/FMJ/20190326060000

貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
お聴きくださった皆様、ありがとうございました。

これからも「日本の文化を通じて人々のくらし、心をより豊かに」をミッションとし、真摯に事業に取り組んでまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

J-WAVE TOKYO MORNING RADIO

・放送時間:3月26日(火)6:00〜9:00
 出演コーナー「MORNING INSIGHT」8:35〜8:50(約15分)
・ナヴィゲーター:別所哲也氏





ミタテ・バー【おもてなしラボ】@伊勢丹新宿店本館5階のご案内

ジャパントラディショナルカルチャーラボ監修、人の心とくらしを豊かにするおもてなしを提案する「日常が輝く!<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>」第二弾企画として、伊勢丹新宿店本館5階 テイストオブドリンクにて【BAR MITATE ミタテ・バー】が期間限定OPEN!

【BAR MITATE ミタテ・バー】
~器×日本酒×おつまみ ・お酒とともに夜のおもてなしを~

木本硝子の日本酒グラス、アリタポーセリンラボの器で、、日本酒の味わいの違い、器×日本酒×おつまみのマリアージュをお楽しみいただきます。
日本酒は、東京都・豊島屋酒造の「屋守 純米吟醸 無調整生」、和歌山県・平和酒造の「紀土《KID》 純米大吟醸」 など。
器の多様な愉しみ方・見立てを体感するおもてなし、いつものおもてなしに気軽に取り入れたい和の要素のご提案も。
ノンアルコールドリンクとして「カネ十煎茶スパークリング」「粉挽煎茶甘酒」などもご用意いたしますので、アルコールが苦手な方も、ノンアルコールドリンクとおつまみ・器とのマリアージュをお楽しみいただけます。
皆様のご来店をお待ちしております。

会期:2019年4月17日(水)~4月23日(火) オープン時間 13:00〜19:00(ラストオーダー18:45)
場所:伊勢丹新宿店本館5階 テイストオブドリンク
監修:ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社

テイストオブドリンクでの企画と連動し、期間中に店頭にて<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>コラボコーナーでアリタポーセリンラボ・木本硝子の器の展示販売・Webでの販売も!

■関連企画のご案内
【BAR MITATE ミタテ・バー】企画とあわせて以下関連企画にもぜひおはこびください!

春の食と酒と器のマリアージュを楽しむ会@可不可
〜有田焼の器で春のお料理を、日本酒専用グラスで日本酒を〜


アリタポーセリンラボの美しい有田焼の器で、可不可 宮下氏によるこの日限定の春のコース料理を、木本硝子の日本酒専用グラスで日本酒のマリアージュをお楽しみいただきます。春の食・酒・器のマリアージュ、おもてなしを味わう豊かなひと時を楽しんでみませんか?
▼詳細はこちら
https://jtcl.co.jp/news/1903kafuka/

開催日時:2019年4月10日(水)19:30〜(19:10〜 開場・受付開始)
会場:可不可Kafuka tokyo
 【住所】〒106-0045 東京都港区麻布十番2-7-14 Azabu275 201<地図>




『日本を世界に発信する』英語メディア「JAPAN Foward」の当社代表 神森の最新記事「Ginza Theatrical Night Tour」が掲載されました

『日本を世界に発信する』英語メディア「JAPAN Foward」の当社代表 神森の最新記事が公開されました。
お時間ある際にチェックしてみてください!
Ginza Theatrical Night Tour: A New Form of Nightlife for Foreign Tourists




神田明神「明神塾」、4月17日開校。当社代表神森が企画協力・司会進行を務めさせていただきます。テーマは「江戸東京の伝統文化と交流」(年内6回)

神田明神様の文化事業の一つ、伝統ある明神塾 、今年は4月17日(水)からスタートします!
初代は荒俣宏先生、二代は田中優子先生、現在は安藤優一郎先生が塾長を務める現代の寺子屋。
今年も引き続き、企画協力・司会進行を務めさせていただけること、嬉しく思います。

18時〜の第1部は「神田明神と文化講座」。19:00〜正式参拝。19:15〜の第2部は、「江戸東京の伝統文化と交流」をテーマとしたミニ講座に加え、タイトルにちなんだゲストとの対談を通じ、奥深い日本文化の世界へと皆様をいざないます。

年内6回の開催で通年のお申込の他、単発でのご参加・当日のお申込も受け付けておりますので、ご都合つく際に、皆様ぜひいらしてください!
(年間会員の皆様には神田祭での特典も!)
神社を江戸をもっと身近に感じてみませんか?
皆様のご参加、お待ちしております。

▼詳細はこちら
https://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail/?id=72

■開催時間
18:00〜 第1部「神田明神と文化講座」
19:00〜 正式参拝(有志)

19:15〜20:45 第2部「江戸東京の伝統文化と交流」

■テーマ
<<第1部「神田明神と文化講座」>>

4月17日(水)「『半七捕物帳』と妖怪」木下昌美氏(妖怪文化研究家)
6月19日(水)「心を込めて、“頂きます!” at 神田明神」渡辺幸裕氏(ギリークラブ主宰) 
7月17日(水)「神田明神とエンターテインメント」
9月18日(水)「神田祭と古代装束」小林宣彦(國學院大學神道文化学部准教授)
10月16日(水)「神田祭とコンテンツツーリズム」菊地映輝氏(慶應義塾大学SFC研究所上席研究員) 
11月20日(水)「気がつけば神田明神の周辺ばかりでメシを食べている」村瀬秀信氏(コラムニスト)

<<第2部「江戸東京の伝統文化と交流」>>

4月17日(水)「江戸東京の文化交流」清水祥彦氏(神田神社宮司)
6月19日(水)「江戸東京の祭礼文化」東京都民族無形文化財 神田囃子保存会
7月17日(水)「江戸東京の炭の文化」廣瀬元夫氏(東京燃料林産・神田神社氏子総代)
9月18日(水)「江戸東京の菓子文化」笹間芳彦氏(神田明神御防講・御菓子処ささま)
10月16日(水)「江戸東京の肉食文化」渡邊秀次氏(鳥安・神田明神氏子総代) 
11月20日(水)「江戸東京の講談文化」神田紫氏(講談師)

【開催場所】 神田明神祭務所地下参集所


【募集人数】 100名
【受講料】
 通年 13,000円(全6回分) 
 単回 2,500円(崇敬会員は2,300円)
通年申込みで全講座を受講された方には「明神塾 巻之22」修了証を差し上げます。
通年でお申込いただいた皆様には神田祭での特典も!
【申込方法】
申込を明記し、郵送、メールにてお申し込み下さい。その際、住所、氏名、性別、年齢、職業、連絡先電話番号を記載いただき下記にお送りください。
郵送の場合 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2
FAXの場合 03-3255-8875
メールの場合 kouhou@kandamyoujin.or.jp
【主催】神田明神 担当・鳥居、岸川
 TEL 03-3254-0753 FAX 03―3255-8875

※講師、演題、日程は都合により予告なく変更することがありますので、ご了承ください。




カフェ・イチゴイチエ【おもてなしラボ】@伊勢丹新宿店本館5階のご案内<カネ十農園×JTCL>

ジャパントラディショナルカルチャーラボ監修、人の心とくらしを豊かにするおもてなしを提案する「日常が輝く!<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>」第一弾企画として、
伊勢丹新宿店本館5階 テイストオブドリンクにて【CAFÉ ICHIGOICHIE カフェ・イチゴイチエ】が期間限定OPEN!
皆様のご来店をお待ちしております。

【CAFÉ ICHIGOICHIE カフェ・イチゴイチエ】 <カネ十農園×JTCL>
~器×和洋菓子×お茶の春の一期一会 ・お茶とともに昼のおもてなしを~
アリタポーセリンラボ・木本硝子の器で、1888年創業の静岡県牧之原市の茶農園「カネ十農園」の特別なお茶・ティーカクテル 、イチゴイチエならではのイチゴを使った和洋菓子を、お花見気分で和のアフタヌーンティータイムをお愉しみいただきます。

会期:2019年3月20日(水)~3月26日(火) オープン時間 11時~19時
場所:伊勢丹新宿店本館5階 テイストオブドリンク
監修:ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社

<カネ十農園ドリンクメニュー(予定)> 
定番のカネ十煎茶・シーズナルティー「桜煎茶」・苺とカネ十煎茶のフローズンカクテル
「ストロベリーフィールド(アルコール・ノンアルコール2種)」 他
器:アリタポーセリンラボ・木本硝子
 
<アフタヌーンティーメニュー2種(予定)>
イチゴを使った和菓子・カネ十農園特別アレンジの季節のスイーツ等を味わえるアフタヌーンティーセット2種
器:アリタポーセリンラボ二段重・アフタヌーンティーセット

テイストオブドリンクでの企画と連動し、期間中に店頭にて<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>コラボコーナーでアリタポーセリンラボ・木本硝子の器の展示販売・Webでの販売も!

<カネ十農園について>
1888年創業の静岡県牧之原市の茶農園。茶葉の栽培に好条件が揃う牧之原台地で育んだ新鮮な茶葉を、国内外の技術を学び、独自に開発した製茶法で一貫生産することで茶葉が持つ可能性を追求しています。100年以上に渡る経験を活かして作り上げた、茶葉がもたらす芳醇な一時を、牧之原の茶農園からお届けします。
http://kaneju-farm.co.jp

■関連企画のご案内
【CAFÉ ICHIGOICHIE カフェ・イチゴイチエ】企画とあわせて以下関連企画にもぜひおはこびください!

1)【BAR MITATE ミタテ・バー】
~器×日本酒×おつまみ ・お酒とともに夜のおもてなしを~
アリタポーセリンラボ・木本硝子の器で、器による日本酒の味わいの違い、器×日本酒×おつまみのマリアージュをお愉しみいただきます。
器の多様な愉しみ方・見立てを体感するおもてなし、いつものおもてなしに気軽に取り入れたい和の要素のご提案も。
伊勢丹新宿店本館5階での<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>第二弾企画です!

会期:2019年4月17日(水)~4月23日(火) オープン時間 11時~19時
場所:伊勢丹新宿店本館5階 テイストオブドリンク
監修:ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社

2) 春の食と酒と器のマリアージュを楽しむ会@可不可
〜有田焼の器で春のお料理を、日本酒専用グラスで日本酒を〜

アリタポーセリンラボの美しい有田焼の器で、可不可 宮下氏によるこの日限定の春のコース料理を、木本硝子の日本酒専用グラスで日本酒のマリアージュをお楽しみいただきます。春の食・酒・器のマリアージュ、おもてなしを味わう豊かなひと時を楽しんでみませんか?
▼詳細はこちら
https://jtcl.co.jp/news/1903kafuka/

開催日時:2019年4月10日(水)19:30〜(19:10〜 開場・受付開始)
会場:可不可Kafuka tokyo
 【住所】〒106-0045 東京都港区麻布十番2-7-14 Azabu275 201
<地図> http://kafuka-tokyo.co.jp/access-2




春の食と酒と器のマリアージュを楽しむ会@可不可 開催のご案内

可不可にて「春の食と酒と器のマリアージュを楽しむ会」を開催します。

アリタポーセリンラボの美しい有田焼の器で、可不可 宮下氏によるこの日限定の春のコース料理を、木本硝子の日本酒専用グラスで日本酒のマリアージュをじっくりとお楽しみいただきます。
器によって同じお料理・お酒・お花も、その味わい・印象ががらりと変化する愉しみを体感いただきます。

創業200年以上の伝統を継承しつつ、現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼を提案し、世界中のラグジュアリーブランドやアーティストとのコラボレーションなどを通じ世界的な評価も高い「ARITA PORCELAIN LAB(アリタポーセリンラボ)」様と、硝子製品のプロデューサーとして様々なものづくりをし、最近では日本酒専用のグラスづくりに力を入れ、「食事に合わせて、日本酒を変え、グラスを変える」という新しい食のスタイル提案を行っている「木本硝子」様をゲストとしてお迎えし、ものづくりへの想い・ブランドの歴史・器の魅力・愉しみ方、おもてなしのコツなどをうかがい、それぞれのブランド・モノを身近に感じていただきます。
お料理の器の他、会場内での販売も。そしてアリタポーセリンラボの器と木本硝子の器、2点のお土産も特別にご用意いたします!

アリタポーセリンラボの有田焼の器で春のお料理を、木本硝子の日本酒専用グラスで日本酒を。春の食・酒・器のマリアージュ、おもてなしを味わう豊かなひと時を楽しんでみませんか?
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

※本企画は伊勢丹新宿店にて開催予定のジャパントラディショナルカルチャーラボ監修「日常が輝く!<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>」関連企画として開催します。

※写真のお料理はイメージです。今回の可不可春のコース料理の内容とは異なります。ご了承ください。

■イベント概要

日時:2019年4月10日(水) 19:30〜(19:10〜 開場・受付開始)

内容:
・ARITA PORCELAIN LAB(有田焼)・木本硝子の器で堪能する本企画限定の可不可春のコース料理
・木本硝子の日本酒専用グラスで味わう日本酒数種
・ARITA PORCELAIN LAB ・木本硝子 ゲストによるお話
・ARITA PORCELAIN LAB・木本硝子の器のおみやげ

会場:可不可Kafuka tokyo
 【住所】〒106-0045 東京都港区麻布十番2-7-14 Azabu275 201<地図
 TEL:03-5439-6395
 アクセス:都営大江戸線「麻布十番駅」7番口 徒歩3分

参加費: 17,280円(税・サ込) 
※お料理・お飲物・お土産(器)2点を含む金額です。

■お申込方法
【メールアドレス: info@jtcl.co.jp 】宛に
件名に「4/10食・酒・器のマリアージュ会」、本文に「お名前」「メールアドレス」「会社名・団体名」「電話番号」を記載の上、ご連絡ください。

===
日常が輝く!<OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>
本企画は伊勢丹新宿店にて3月・4月に開催予定のジャパントラディショナルカルチャーラボ監修の人の心とくらしを豊かにするおもてなし提案をする「日常が輝く!OMOTENASHI LABO おもてなしラボ>」関連企画として開催します。
本企画と合わせて伊勢丹新宿店本館5階にもぜひおはこびください!皆様のご来店をお待ちしています!

1)2019年3月20日(水)~ 3月26日(火)
【CAFÉ ICHIGOICHIE カフェ・イチゴイチエ】
~器×和洋菓子×お茶の春の一期一会 ・お茶とともに昼のおもてなしを~
アリタポーセリンラボ・木本硝子の器で、1888年創業の静岡県牧之原市の茶農園「カネ十農園」の特別なお茶・ティーカクテル 、イチゴイチエならではのイチゴを使った和洋菓子を、お花見気分で和のアフタヌーンティータイムをお愉しみいただきます。

2)2019年4月17日(水)~4月23日(火)
【BAR MITATE ミタテ・バー】
~器×日本酒×おつまみ ・お酒とともに夜のおもてなしを~
アリタポーセリンラボ・木本硝子の器で、器による日本酒の味わいの違い、器×日本酒×おつまみのマリアージュをお愉しみいただきます。
器の多様な愉しみ方・見立てを体感するおもてなし、いつものおもてなしに気軽に取り入れたい和の要素のご提案も。

場所:伊勢丹新宿店本館5階 テイストオブドリンク
オープン時間 11時〜19時
===

<ARITA PORCELAIN LABについて>
創業1804年。200年の伝統技術を活かしたラグジュアリーモダンな「有田焼」。
ARITA PORCELAIN LABは、創業200年以上の歴史を誇る有田焼老舗窯元 七代目弥左ヱ門が生み出した、現代のライフスタイルに合わせたラグジュアリーモダンな有田焼です。
熟練職人が弥左ヱ門窯ならではの門外不出の技術を活かし、数えきれない試作を繰り返し進化した釉薬・技術を使い、一つ一つ手仕事で、モダンな有田焼を作りだしています。
https://isetan.mistore.jp/onlinestore/brand/006111/list

<木本硝子について>
硝子食器問屋として培った80年以上の経験と知識を活かし、「硝子製品のプロデューサー」の立場でデザイナーや職人とタッグを組み、様々なものづくりをしています。 伝統工芸をもっと現代のライフスタイルに寄り添うものに、と製作した世界初の漆黒の江戸切子グラス「KUROCO(クロコ)」は、第五回東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞を受賞。 最近では日本酒専用のグラスづくりに力を入れ、「食事に合わせて、日本酒を変え、グラスを変える」という新しい食のスタイル提案を行っています。
https://isetan.mistore.jp/onlinestore/brand/006142/list

<可不可kafuka-tokyoについて>
酒、食、空間の設えなどの日本の文化を改めて見直し、掘り下げ世界に発信するために宮下大輔が作ったラボレストラン。生産者の方やモノづくりをなさる方々とそれぞれの手によるモノが集まり、交わり新しいモノが生まれるような’場。
http://kafuka-tokyo.co.jp/

<お問い合せ先>
ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社
E-mail: info@jtcl.co.jp




J-CULTURE FEST2019 <正月テーマパーク>ワークショップスケジュール

日本文化の魅力を国内外へ発信する「J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」、2019年1月2日(水)・1月3日(木)の2日間、東京国際フォーラムにて開催!
本イベントでは、歌舞伎・能楽・邦楽など伝統芸能の分野で活躍する一流のアーティストによる公演や、日本の文化・お正月を体験・発見できる“正月テーマパーク”を中心に日本文化を様々な形で体感いただけます。
日本文化の裾野を広げる事業の1つとして、当社は今回も日本文化・お正月の魅力を体感できる多彩なワークショップ・文化プログラム、日本のものづくり・工芸・食・老舗の魅力にふれる展示販売・実演など<お正月テーマパーク>の企画協力をしております。

日本の文化・お正月を体験・発見・味わえる『正月テーマパーク』では、様々な日本の文化、お正月の文化を体験できるブースが勢揃いします。

【日本文化体験】
寄木細工・江戸木版画(浮世絵)・水引・てぬぐいをはじめとする日本の美を体感できる工芸のワークショップ・実演・展示販売や甲冑・鼓・盆栽・いけばな・香・和菓子づくり・煎茶道など、多彩な日本文化を気軽に体験できるワークショップが盛り沢山。
振り袖や袴の着付け、つまみ細工や扇子に筆書きできる体験など「大和なでしこ」気分を味わえるエリアを新設。書道体験は無料でお楽しみいただけます。
また、樹齢を重ね仕立てられる「盆栽」と、今一瞬を華やかに咲き誇る草花である「いけばな」のジャンルを越えたコラボ作品の展示など、見どころが満載。
この他、飲食、もちつき、縁日、お正月遊び、相撲の他、今年初の“盆栽といけばなのコラボレーション”や“けん玉ワークショップ”などのプログラムも登場。ふるまい酒、ふるまいもちも提供します。

各ゾーンのプログラムをご紹介します!

▼会場マップはこちら

<食「日本を味わう」>

◆帝国ホテル
シェフ創作の洋風雑煮や日本各地のお雑煮のほか、ぜんざいやミニパンケーキなどの甘味をご用意いたします。お食事やご休憩にお立ち寄りください。

◆角打ち(酒ノみつや)
昭和の雰囲気漂う「角打ち処」が今年も正月テーマパークにオープン。酒飲み文化を楽しく体験していただけます。
当日は日本酒の蔵元も参加して、酒ノみつやのスタッフがおいしい日本酒・地ビール・日本のワインを紹介しながらカップ販売を行います。
もちろん立呑みスペースもございますのでぜひお立ち寄り下さい。

◆和菓子(鎌倉手毬)
鎌倉長谷の創作和菓子工房。
見て楽しい食べて美味しい和菓子作りの体験とショップを開催します。
和菓子作り体験(季節の上生菓子作り、1回30分、1,000円予定)
※体験者へのお茶の提供あり

◆煎茶道(MY SENCHA SALON by 煎茶道三癸亭賣茶流)
明治時代から続く煎茶道の流派、一般財団法人煎茶道三癸亭賣茶流がプロデュースするMY SENCHA SALON。
私たちの生活になじみ深い煎茶。その煎茶のいつもと一味違う美味しい淹れ方と亥年のお正月を彩るアレンジをご紹介します。
また、若宗匠が江戸時代中期から文人や芸術家が茶論(サロン)を交わした歴史について解説いたします。

<亥年の彩り煎茶Table Lesson>
参加費:1,500円(茶菓子含む)
定員:10名 
開催時間:(1)11:00~11:45 (2)12:00~12:45 (3)13:00~13:45 (4)14:00~14:45 (5)15:00~15:45 (6)16:00~16:45 
※1日6回実施予定

季節に合わせたテーブルアレンジを楽しみながら「今日から誰かに淹れてみたくなる煎茶道」を体験!
オーダーメイド型茶器 MY CHAKIやテキスト『おいしい煎茶のみつかけた』の販売も。

<匠「日本文化体験」>

◆てぬぐい(かまわぬ)
日本の伝統技法「注染」を用い、職人が一枚一枚手染めで染めたこだわりの品々を多数ご用意してお待ちしおります。使うたび、ふんわりと肌触りの良い染物ならではの風合いをお楽しみ下さい。
てぬぐいや風呂敷などの販売と、注染の実演会を開催いたします。

<てぬぐい注染実演会>
てぬぐいの染め技法、注染の実演会を開催!
会場で販売のてぬぐいを1点以上ご購入いただいたお客様へ、染めたての注染ふきんを100円(税別)にてご提供します。

◆伝統工芸品(えどコレ!)
江戸風鈴、江戸扇子、江戸切子、組子など。伝統と革新が旗印。
江戸川区を代表する工芸者の作品、東京都との共同開発商品、美大生とのコラボ作品、手塚治虫キャラクターの作品などの展示販売、組子・絽刺し・江戸鉄瓶などのワークショップを開催予定です!


<ワークショップ>
1)組子コースター制作
所要時間 10分程度 参加費 1,400円
2)絽刺し(刺繍)イヤリング、キーホルダー制作
所要時間 20分程度 参加費 1,300円 
3)江戸鉄瓶制作者によるペンダント制作
所要時間 20分程度 参加費 1,900円

◆水引(アヤクフル)
水引体験のできるワークショップと、ストラップ・アクセサリーなどの水引作品の販売を行います。

<ワークショップ>
お好みの色の水引を3本使ってオリジナルの梅結びを作成いただき、完成した作品はストラップかポチ袋にすることができます。
料金:1人1回 1,500円(税込み)
定員:各回8名
所要時間:1回40分程度 1日3回実施予定
1)12:00〜12:40 2)14:00〜14:40 3)16:00〜16:40

◆寄木細工(露木木工所)
露木木工所は伝統の技術・技法を守りながら、今の生活に溶け込む新しい寄木細工を作り続けています。
寄木細工の展示販売、寄木コースター作り体験をご用意しお待ちしております。

<寄木コースター作り体験 参加費:1,000円> 
三角形とひし形のパーツを選んび接着して六角形のコースターを作っていただく体験です。

◆江戸木版画(創業安政年間 東京 高橋工房)
江戸木版画の展示・販売、その他浮世絵をモチーフにしたポチ袋・祝儀袋等、お正月にぴったりなオリジナル商品をご用意しお待ちしております。お正月にふさわしい多色摺り木版画の羽子板の制作体験もお楽しみいただけます。


<多色摺り木版画の羽子板制作体験>
料金:1,500円
所要時間:約30分
実施回数:3回
(1) 11:00~12:30
(2) 13:30~15:00
(3) 16:00~17:00

◆香-Style(上信堂)
天然香原料を使って匂い袋や香の瓶等の作製体験をお楽しみいただきます。

<ワークショップ>
匂い袋:500円
角瓶:800円
丸瓶:1,000円
※定員:各回15名~20名様程度

◆いけばな(一般社団法人ジャパン・フラワー&コミュニケーションズ)
いけばなを通した文化発信、文化交流、教育支援などを国内外にて展開。
J-CULTURE FESTでは、縁起物のお正月花材と、日本で生まれた「WABARA」(國枝啓司氏が手がけるオリジナル品種)によるいけばなを展示。盆栽といけばなが融合するメイン展示は初の試みです。
いけばな体験ワークショップを開催する他、花に親しむための花器、花鋏、本、WABARAなども販売いたします。

<ワークショップ>
お正月花材の松と「WABARA」(國枝啓司氏が手がけるバラのオリジナル品種)を使用したお正月のいけばな。「花をいける」ための心得を気軽に学びます。3日は、WABARAの栽培の様子や魅力を國枝健一氏よりお話しいただきます。
講師:大久保有加(花道家) 
参加費:2,000円(花材費+税込)
所要時間:約30分
1月2日(水):11:30〜12:30、13:30〜14:30、16:30〜17:30
1月3日(木):11:30〜12:30、16:00〜17:00
会場入口の宝船の企画制作・プロデュースも行っております!

◆盆栽(日本園芸株式会社)
盆栽の展示(いけばなとの共同展示も)。
盆栽体験ワークショップを1日1回開催予定です。

<盆栽体験ワークショップ>
1月2日(水):15:00〜16:00
1月3日(木):14:00〜15:00

◆鼓(西川啓光社中)
楽しい鼓体験!お能や歌舞伎で使われている、日本の楽器「鼓」を体験してみませんか。打ち方や構え方などを楽しく手ほどき致します。中々手にして打てることがない「鼓」の初打ち体験を!

<ワークショップ>
料金:一人 1,000円(楽器使用料含む)
定員:1回5名~6名様
所要時間:30〜40分程度
※1日6回実施予定

◆甲冑(東京江戸ウィーク)
本物の鉄製現代甲冑の試着体験(大人用 2領、子供用 2領)と写真撮影をお楽しみいただけます。
出展内容・料金・スケジュール
<甲冑試着体験>
参加費:1,000円 15分程度

伝・徳川秀忠公着用甲冑、井伊直政公若年期着用甲冑、仙台藩黒甲冑 などの甲冑展示。武家の正月飾り、具足餅の再現・展示も。

◆甲冑(武楽座)
「武の美」をテーマに、武芸と能や茶の湯などの武士文化を融合した総合藝術「武楽」(ぶがく)。世界各国で公演を行い、日本の武士道の「美しい強さ」と「和を尊ぶ心」を世界に発信し続けています。
*甲冑や能装束・能面など「武の美」展示
武士の美意識をテーマにした、甲冑・武家の調度品・刀(模造刀)などの武具、能装束・能面などの展示と解説、販売を行います。

*「武楽」お正月特別演武
武道×伝統芸能の「武楽」(ぶがく)が、お正月にふさわしい新年の「邪気祓い」のほか、刀や扇のダイナミックな舞をご披露いたします。
2日 (水) 15:00-15:30
3日 (木) 13:30-14:00
場所:あそび広場

<美「大和なでしこ」>

◆書道(鼎友会)
吉祥寺の書道教室カコットの講師を中心に結成。「酔書会」やワークショップなど気軽に書に親しんでもらうための活動を展開。
J-CULTURE FESTでは、書初め体験「好きな言葉を書いてみよう!」、書家による書のデモンストレーション(大作)、大筆を持っての揮毫(きごう)体験を無料でお楽しみいただけます。


◆扇子(伊場仙)
1590年に創業した扇子と団扇の老舗。江戸時代には広重や国芳など歌川派の絵師を起用し、浮世絵の版元として名を馳せました。
J-CULTURE FESTでは、オリジナル扇子作りのワークショップ、投扇興体験をお楽しみいただけます。扇子の展示販売も。

<ワークショップ>
扇子作りワークショップ:扇子に墨や絵の具で書や絵を描きオリジナルの扇子を作ります。
投扇興体験:的に向かって扇を投げ、得点を競います。

◆つまみ細工(つまみかんざし彩野)
「つまみ細工を日常に」をコンセプトに、様々なつまみ細工のアイテムをご提案。
「江戸つまみかんざし」の物販と、ワークショップを開催します。

<ワークショップ>
お正月にふさわしい「梅の花コース」と、お子さまもご参加いただける「体験コース」をご用意いたします。
正方形の布をピンセットでつまみながら、一枚ずつ花びらを作り、土台にのせてお花の形にしていきます。
どちらのコースでお作りいただいたお花も、後日作品が乾いて完成したら、ヘアピン、ヘアゴム、コーム型髪飾り、帯留、パッチン留めの中から好きな金具をつけて、アクセサリーとしてお楽しみいただけます。
*つまみ細工「梅の花コース」約60分 2,000円(材料費+税込)
*つまみ細工「体験コース」約60分 2,000円(材料費+税込)
(1) 11:30~(2) 13:00~(3) 14:30~(4) 16:00~
定員:各回10名様
備考:ピンセットを使いますので、中学生以下のお子さまは保護者同伴でご参加願います。

◆きもの(ハクビ京都きもの学院)
ハクビ京都きもの学院は創立49年を迎える着付けの学院です。きものを通じた国際文化交流や和文化イベント・きものショーの運営・式典への協力など、きもの文化を広める活動を行っております。日本の民族衣装である「きもの」を多くの方々に楽しんでいただける企画をご用意しております。
きもの体験
所要時間:30分程度
料金:2,000円

<縁日>

初詣に向かう参道気分をお楽しみいただける縁日では射的や金塊落としなどの遊びをお楽しみいただける他、駄菓子や人形焼などの販売もいたします。

<遊び広場>

かるたや折り紙、ビー玉遊びなど座敷あそびや羽子板、駒まわしなど日本らしいあそび体験ができる広場。紙芝居やけん玉ワークショップなど様々なイベントを実施いたします。
1月2日・3日:祝餅つき、紙芝居、武楽座、けん玉ワークショップ など
1月2日:ちびっこ相撲
1月3日:墨絵師御歌頭によるライブパフォーマンス

<ステージ>

人気アーティストや力士が多数登場。ナビゲーターとして鈴木 福さんが登場し、朝倉 さやさん(民謡歌手)や今野 玲央さん(現代箏曲)らの若手人気アーティストもパフォーマンスを披露します。

さらに、KENDAMAとして海外で人気のけん玉ステージパフォーマンスもご注目ください。

お正月は、東京国際フォーラム「J-CULTURE FEST」へ!
日本の文化、お正月をもっと気軽に楽しんでみませんか?
1月2日・3日は、東京国際フォーラムでお待ちしています。

【J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣<正月テーマパーク>】
日 時:2019年1月2日(水)~ 1月3日(木)11:00~18:00
会 場:東京国際フォーラム ホールE
料 金:入場無料(縁日エリア・ワークショップの一部は有料となります)

主催:東京国際フォーラム
共催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
公式サイト:https://j-cf.jp 

*J-CULTURE FESTについて:
⽇本⽂化への関⼼が⾼まるお正⽉に、伝統芸能の分野で活躍する一流の出演者による公演プログラムと、日本文化の魅力を体験・発見、味わえるイベントを組み合わせ、日本文化に親しむきっかけづくりや、価値を新発見する機会をお届けします。

*本イベントは日本文化の魅力を発信し、2020年以降を見据えたレガシー創出のための文化プログラム「beyond2020プログラム」に認証されています。




『日本を世界に発信する』英語メディア「JAPAN Foward」にて、当社代表 神森が執筆

【英語メディア「JAPAN Foward」にて日本の文化を世界に発信!】
産経新聞社が中心となり運営する『日本を世界に発信する』英語メディア「JAPAN Foward」にて、当社代表 神森が執筆させていただくことになりました。
「JAPAN Foward」は、世界のためになる日本の文化、伝統、そしてその考え方や価値観を伝えることをモットーとするメディアです。
今回は、当社が企画・協力するお正月の日本文化の祭典「J-CULTURE FEST」のご紹介記事ですが、今後は様々な日本の文化、日本の文化に携わる人・モノ・コトを取材し、世界へ発信してまいります。

以下、今回の「JAPAN Forward」記事です。
よろしければご一読ください。

▼J-CULTURE FEST: Immerse in the Charms of Japan this New Year
https://japan-forward.com/j-culture-fest-immerse-in-the-charms-of-japan-this-new-year/




あの人の「美味しい」に出会う”極上グルメキュレーションサイト「ippin」にて、当社代表 神森の記事『寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選』が掲載されました

食に精通した方たちの選りすぐりの逸品をご紹介するキュレーションサイト「ippin(イッピン)」。
当社代表 神森もキュレーターを務めており、最新記事『寒い冬にお家で手軽に楽しみたい!とっておきの「おしるこ」2選』が公開されました。

栗の名産地ならではのあのおしるこ等…逸品をご紹介しています。
お時間ある際にご一読ください。
https://ippin.gnavi.co.jp/article-15882/