Blog Archives

江戸の服飾文化【神田明神「明神塾」江戸の美と匠の世界】2018年度第3回開催

今年で21年目となる神田明神様の歴史ある文化事業 明神塾 「江戸の美と匠の世界」を学ぶシリーズ企画。今年度第3回「江戸の服飾文化」を開催しました!

第一部は講談師の田辺銀冶さんをお迎えし講談。 第二部は「江戸の服飾文化」をテーマに、安藤塾長からは江戸の服食文化を支えた絹織物や生糸の歴史について。
そしてゲストの天保13年創業 浴衣・江戸小紋の老舗 竺仙 小川社長からは浅草で創業し日本橋に移転した経緯も含めた竺仙さんの歴史、江戸小紋・浴衣、その美・職人の技について。

またお客様の芯の喜び、職人さんの喜び、社員の喜び、社会貢献を追求する竺仙さんの商い、今後の挑戦についてなど…じっくりとお話をうかがいました。

猛暑日が続く中、東都のれん会の老舗の皆様や、竺仙さんの浴衣姿が素敵な女性や…沢山のお客様にお集りいただきました。

ご参加くださった皆様、小川社長、安藤塾長、神田明神の皆様、ありがとうございました‼

次回は9月19日「江戸の娯楽」をテーマに手妻師の藤山大樹さんをゲストにお迎えし江戸手妻の世界を皆様に体感いただく予定です。皆様のご参加、お待ちしております。

▼明神塾 巻之21 江戸の美と匠の世界
http://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail/?id=68

建設中の文化交流館。12月開館予定です!

こちらは安藤塾長の最新刊『30の神社からよむ日本史』。神田明神様についての章も!




MMCJ様 世界各国から選抜された次代を担う演奏家向け英語で日本文化体験@三渓園

MMCJの受講生、世界各国から選抜された次代を担う若手演奏家の皆様に、三渓園内 鶴翔閣にて英語による日本文化体験のプログラムをご提供させていただきました。
茶会体験では、一期一会・和敬清寂の精神、ひとつひとつの作法の意味・核にあるものを。









お抹茶を点てあう体験では、もてなしの心を体感いただきました。











お道具には楽器(琵琶)の要素も。




江戸手妻体験では、西洋のマジックとは異なる不思議の奥にある日本独自の情緒あふれる手妻の世界観をお楽しみいただきました。手妻の魅力が凝縮されたパフォーマンス「蝶のたはむれ」では、1枚の和紙で表現される人生のはかなさや風情、生命・伝統が少しずつ形を変え受け継がれていくことなど…を感じていただけたのでは。







二人組になり協力して習得する手妻体験もとても盛り上がりました!













肩肘張らず終始和気藹々とした雰囲気の中、皆様のキラキラした眼差し、笑顔が印象的でした。



コース前半に受講生全員で日本文化の体験をともにしていただくことにより、受講生同士のコミュニケーションがより円滑になり、お互いを敬い思いやる心、絆が深まるきっかけにもなったのであれば嬉しく思います。
そして、日本文化にふれるひと時が、受講生の皆様の豊かな感性に刺激を与え、今後の彼らの音楽・人生に深みや豊かさをもたらす機会となることを願いつつ…


受講生の皆様、ご協力くださった皆様、MMCJの皆様、ありがとうございました!
皆様との一期一会に感謝


【ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)とは】
次代を担う優秀な若き音楽家を世界から招き、欧米の第一線で活躍する素晴らしい名手たちや、国際色豊かでハイレベルや学生たちとともにすごす密度の高い音楽創造の場を日本に作ろうと、指揮者の大友直人氏とアラン・ギルバート氏が創設したプログラム。
日本での音楽漬けの毎日の中、1日だけ日本文化を体験いただきました。

photo by:T.Tairadate / MMCJ




江戸の音楽【神田明神「明神塾」江戸の美と匠の世界】2018年度第2回開催

今年で21年目となる神田明神様の歴史ある文化事業 明神塾 「江戸の美と匠の世界」を学ぶシリーズ企画。今年度第2回「江戸の音楽文化」を開催しました!

第一部は「最先端の宇宙開発と神田・御茶ノ水の歴史とのつながり」をテーマにJAXA研究開発部門主任の岩渕さんをお迎えし。

第二部は「江戸の音楽文化」をテーマに、安藤塾長からは三味線を切り口に、音楽が江戸の社会に浸透していった様子について。
そしてゲストの薩摩琵琶演奏家の水島さんからは、琵琶についてのお話をうかがいつつ、薩摩琵琶の演奏も。


うたえやうたえ、祇園精舎、逢瀬の3曲を演奏いただき会場内に力強く美しい音色が響き渡りました。


現在日本の琵琶人口は700名程度。それを増やすべく入門者が手にいれやすい価格帯の琵琶を開発し初心者向けの気軽に体験できるレッスンを開催されたりと情熱をもって琵琶の魅力の発信、次世代への継承に取り組まれ、昨年 東久邇宮文化褒章を受章された水島さんの活動、応援したいと思います。研究と演奏を両立する若手演奏家ならではの視点からのお話、勉強になりました。
雨の中おはこびくださった皆様、岩渕さん、水島さん、安藤塾長、神田明神の皆様、ありがとうございました‼

次回は7月18日(水)「江戸の服飾文化」をテーマにゲストとして天保13年創業の老舗「竺仙」小川社長をおむかえして開催予定です。
前半は講談も!
皆様のご参加、お待ちしております。

▼明神塾 巻之21 江戸の美と匠の世界 http://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail/?id=68

境内には夏越の祓 茅の輪も。今年半年も無事にすごせたことに感謝しつつ…季節を感じます。

えびす様の背景には、建設中の文化交流館。
今年12月の開館にむけ、着々と建設が進行しています。






着物で葵祭を楽しむ会

祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つ風雅な王朝行列で知られる「葵祭」を着物で楽しむ会。
上賀茂神社の二の鳥居近くの特別なお席から葵祭の路頭の儀と社頭の儀をじっくり鑑賞。







勅使をはじめ検非違使、内蔵使、山城使、牛車、風流傘、斎王代など…平安装束を身にまとった人 総勢500名程度、馬36頭、牛4頭、牛車2台、輿1台からなる雅な王朝行列が、京都御所を出発し、下鴨神社から上賀茂神社へ。その道のりは約8キロ。






そして到着後、勅使が御祭文を奏上し御幣物を奉納する「社頭の儀」。
神馬の引き回し、舞人による「あずまあそび」の舞の奉納も。








一之鳥居から二之鳥居の前まで馬が全力疾走する姿を奉納する「走馬の儀」も、至近距離でながめることができその迫力に驚かされました!



猛暑日の京都 良い気がみちている上賀茂さんの境内で集中して路頭の儀と社頭の儀を眺めていると、平安時代にタイムスリップしたような気分に。

貴重な機会、ご縁に感謝。

京都はこの日35度の猛暑!着物姿の皆様、待ち時間は木陰に移動…


こちらは京都御苑内「拾翠亭」から臨む路頭の儀。

少し距離はありましたが涼しい建物の中からゆったり眺めることができました。

上賀茂神社境外摂社 大田神社のカキツバタは例年より開花が早く見頃をすぎていましたが、それもまた風情があり美しかったです。




江戸の工芸【神田明神「明神塾」江戸の美と匠の世界】2018年度第1回開催

今年で21年目となる神田明神様の歴史ある文化事業 明神塾 「江戸の美と匠の世界」を学ぶシリーズ企画。今年度第1回「江戸の工芸」を開催しました!

第一部は 「神田明神と文化講座」。今回は「江戸時代小説実作者から見た神田明神」をテーマにゲストとして小説家 福原俊彦氏をお迎えしお話いただきました。
その後 、関係者・参加者の皆様と正式参拝をさせていただき、会場に戻り、第二部スタート。前半は、安藤塾長から江戸城や大名屋敷の御用を勤めるかたわら町人社会にも出入りすることで営業を活発に展開した職人たちの、職人仲間内外での競争が技術力向上の背景になっていた様子について。
後半は創業400年超の団扇・扇子の老舗、伊場仙 第14代目代表取締役の吉田氏をお迎えし、伊場仙の歴史、江戸時代の浮世絵・団扇ビジネス、職人さんのものづくりについてなど…じっくりとお話をうかがいました。




吉田氏の著書『遠き海原 世界都市「江戸」誕生の物語』もぜひお読みになってみてください。
お集まりくださった皆様、吉田様、神田明神の皆様、ありがとうございました!
次回は6月20日(水) 「江戸の音楽」をテーマに、ゲストとして薩摩琵琶奏者の水島氏をお迎えし開催予定です!
単発でのご参加・当日のお申込も受け付けておりますので、ご興味のある方、ぜひいらしてください!

▼明神塾 巻之21 江戸の美と匠の世界 http://www.kandamyoujin.or.jp/bunka/detail/?id=68




創業300年老舗企画【享保の会】第18回@車屋 開催

享保年間(1716~1735)創業の老舗企業、享保2年創業の新潟県 南魚沼の酒蔵 青木酒造、享保10年創業の日本最古の胡麻油メーカー竹本油脂、享保年間創業で流通を担う島商による第18回「享保の会」@老舗日本料理店の西洋割烹「車屋」さん開催!

画伯 岡本太郎さんからも愛された名店のクラシカルモダンな空間で、

南魚沼の銘酒「鶴齢」とともに、

西洋割烹車屋の創作フレンチ(この日限定の竹本油脂のごま油&鶴齢を使った特別メニューを含むお料理)、日本酒×洋食のマリアージュをご堪能いただきました。


お集まりくださった皆様、車屋の伊藤さんをはじめとする皆様、享保の会メンバーな皆様、ありがとうございました‼


ご参加くださった好楽師匠から粋や伝統について貴重なお話をうかがいつつ、

おみやげに笑点ドロップスもいただきました。

これからも青木酒造、竹本油脂、島商の3社、そして享保の会を、よろしくお願い致します!

<享保の会とは?>
享保の会は、享保年間(1716~1735)創業の老舗企業数社が享保年間から約300年にわたり支えてきてくださったお客様・取引先の皆様への感謝と、伝統の次世代への継承に対する思いをこめ、開催する会です。
青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/
島商 http://www.shimasho.co.jp/
竹本油脂 http://www.takemoto.co.jp/
*青木酒造・島商・竹本油脂 ともに享保年間創業の老舗企業です。

(協力:ジャパントラディショナルカルチャーラボ https://jtcl.co.jp/)




神田明神様 節分祭豆まき式(平成30年)

毎年恒例の神田明神様 節分祭豆まき式。

江戸消防記念会の鳶頭による木遣りの声も高らかに、赤鬼・青鬼、だいこく様・えびす様、雅楽を奏でる楽人、古式装束の神職の皆様に続き参進、参拝、



鳴弦の儀に続き鳳凰殿から豆まきを。





今年一年の無病息災、災厄消除、開運招福を祈願。お客様皆様を笑顔でおみおくりすることができました。




明日は立春。
皆様のもとにも多くの福が訪れる一年となりますように。




創業300年老舗企画【享保の会】第17回@ちんや 開催

享保年間創業の老舗企業による感謝祭「享保の会」第17回として、明治13(1880)年創業、国産黒毛和牛の雌牛だけを使い、伝統的なスタイルのすき焼を守り続ける浅草にあるすき焼の老舗「ちんや」さんにて、 創業享保2年 新潟県 南魚沼の酒蔵【青木酒造】の醸造する銘酒「鶴齢」とともに、浅草 ちんやの適サシ肉(適度な霜降り肉)のすき焼きとこの日限定の竹本油脂のごま油を使った特別メニューを含むお料理を味わう会を開催しました。

青木酒造 青木社長、島商 島田社長による開会のご挨拶に続き、

つな八 志村社長の乾杯のご挨拶で会がスタート!

ちんやのご主人 住吉さんによるちんやの歴史やお料理、お肉(適サシ肉)についてのご紹介も。


ちんやさんの大広間貸切で、適サシ肉のすき焼きと鶴齢をじっくりとお楽しみいただきました。


今回は住吉さん水からすき焼き・おかんのサービスもしてくださいました。


閉会は竹本油脂 竹本専務によるご挨拶

油問屋業界伝統の「油〆」。


伝統と革新が感じられる豊かなひと時。
満面の笑顔の集合写真のかけ声は「はいチーズ」ではなく「すきやきー」「てきさしー」。
ご参加くださった皆様、ちんやの皆様、享保の会関係者の皆様、ありがとうございました!


これからも青木酒造、竹本油脂、島商の3社、そして享保の会を、よろしくお願い致します!


<享保の会とは?>
享保の会は、享保年間(1716~1735)創業の老舗企業数社が享保年間から約300年にわたり支えてきてくださったお客様・取引先の皆様への感謝と、伝統の次世代への継承に対する思いをこめ、開催する会です。
ちんや:http://www.chinya.co.jp/
青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/
島商 http://www.shimasho.co.jp/
竹本油脂 http://www.takemoto.co.jp/
*青木酒造・島商・竹本油脂 ともに享保年間創業の老舗企業です。

(協力:ジャパントラディショナルカルチャーラボ https://jtcl.co.jp/)




「J-CULTURE FEST <正月テーマパーク>」開催レポート&御礼

日本の伝統的なお正月を体験・発見できる
J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣<正月テーマパーク>、
2日間にわたり沢山のお客様にご来場いただき終了いたしました。

⽇本⽂化への関⼼が⾼まるお正月というハレの日に、
お子様も大人も、日本人も外国人も…皆様に気軽に
多彩な日本文化・日本のお正月の魅力にふれお楽しみいただくことができました。

新年から沢山の皆様の笑顔にふれ、大変嬉しく感動しました。
多くの感謝・笑顔・福に満ちた本年の初仕事。

「日本の文化を通じて人々のくらしを豊かに」をミッションとして事業を展開する当社としては
まさに日本文化の裾野を広げる上で有意義な機会に恵まれたこと、幸せに思います。

(※「感謝」の書は、金澤翔子さんによる書道パフォーマンスで完成したものです)

ご来場くださった皆様、出展者をはじめとするご協力くださった皆様、
東京国際フォーラムの皆様をはじめとする関係者の皆様、ありがとうございました!

正月テーマパークのお写真を少しだけ…

<日本文化体験エリア>
茶道、能楽、いけばな、盆栽、香、扇子づくり、和菓子づくり、
水引、凧、書き初め、鼓や三味線の演奏、すもうなど…
多才な日本文化の魅力を体験いただきました!














あそび広場に、力士が登場しちびっこ相撲も!

<伝統工芸エリア>
展示販売の他、実演・ワークショップも!











着物・着物ドレス・甲冑などを着る体験も…
外国人のお客様も多く体験されていました!



<ステージエリア>
オープニングのいけばなパフォーマンス、邦楽や能楽など伝統芸能のミニステージ、
「この音とまれ!箏曲演奏コンクール」、「三番叟FORM2」公演収録の模様をパブリックビューイングなど…
様々な日本文化のステージをお楽しみいただきました!
ナビゲーターの鈴木福君も、鼓・茶道など様々な日本文化を体験していました。






<お正月フードエリア>
お雑煮食べくらべ、おせち弁当などのお正月の食、角うち、日本酒など…



あそび広場では祝い餅つきや、福笑い・かるた・羽根つきなどお正月の遊びも…


<縁日エリア>
神社までの参道をイメージした縁日広場では、輪投げや射的、金塊落とし、スーパーボールすくいなど昔懐かしい和の遊びを体験いただきました。
景品としてなつかしい日本のおもちゃや駄菓子なども。


<NHK FM STATION>
会場からラジオの生放送も

今後も、「日本文化の活性化・発展につながる事業を通じて人々の生活をより豊かにするため」、真摯に事業に取り組み、誰もが気軽に日本文化を体験できる機会をご提供してまいります。





【J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣<正月テーマパーク>】
日 時:2018年1月2日(火)・1月3日(水) 11:00~18:00
会 場:東京国際フォーラム ホールE
サイト: http://j-cf.jp/2018/newyear/




新年の御挨拶

新年あけましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も「日本文化の活性化・発展につながる事業を通じて人々の生活をより豊かにするため」、真摯に事業に取り組み、一つ一つの機会やご縁を大切に、新しい事に果敢に挑戦し結果をだす年となるように努力を続けてまいります。

明日から開催予定の日本の伝統芸能・工芸・食など日本文化の多彩な魅力を体験、発見、堪能できるお正月イベント「J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」の準備で、本日が仕事始めです。

日本文化の裾野を広げる事業の1つとして、当社は日本文化・お正月の魅力を体感できる多彩なワークショップ・文化プログラム、日本のものづくり・工芸・食・老舗の魅力にふれる展示販売・実演などの企画協力をしています。お正月から多くのお客様に日本文化の魅力にふれ楽しんでいただける機会をいただけることとても嬉しく思っています。

お正月は、東京国際フォーラム「J-CULTURE FEST」へ!
日本の文化、お正月を気軽に楽しんでみませんか?
1月2日・3日は、東京国際フォーラムでお待ちしています!

本年が皆様にとっても、素晴らしい一年となりますように。
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

平成三十年 元旦
ジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社
代表取締役 神森 真理子

【J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣<正月テーマパーク>】

日 時:2018年1月2日(火)~1月3日(水) 11:00~18:00
会 場:東京国際フォーラム ホールE
料 金:入場無料・ワークショップや一部プログラムは有料となります。
サイト: http://j-cf.jp/2018/newyear
フロアマップはこちら

主 催: 株式会社東京国際フォーラム

<J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣について>

『J-CULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣』は、“伝統と革新”をコンセプトに、音楽や舞など日本が誇るアーティスト公演や、正月行事を中心に日本文化をさまざまな形で体感いただける日本文化の祭典です。

1月2日・3日は、「伝統と現代の融合」をテーマに伝統芸能×最先端 テクノロジー公演の第2弾『三番叟 FORM Ⅱ』を総合演出・野村萬斎、映像演出・真鍋大度で。1月2日は、『上妻宏光 コンサート-和⼼伝⼼-其ノ四 〜若き和の賢者達〜』や『NINJA~心・技・体~』、1月3日は、『新春フォーラム寄席』や『東儀秀樹 源⽒物語⾳楽絵巻 〜儚き夢幻〜』などを開催。

日本の伝統的なお正月を体験・発見できる『正月テーマパーク』も。祝い餅つき、縁日、初詣、凧、書き初め、お雑煮食べくらべなど日本のお正月を体感できる他、着付け、いけばな、盆栽、茶道、和菓子づくり、和楽器の演奏、すもうなど…日本文化の体験、和紙・和のうつわをはじめとする伝統工芸、能楽・邦楽などの伝統芸能を身近に感じていただけるプログラム、日本の宮廷文化や日本の城の展示などをお楽しみいただけます。