創業300年老舗企画【享保の会】第18回@車屋 開催

享保年間(1716~1735)創業の老舗企業、享保2年創業の新潟県 南魚沼の酒蔵 青木酒造、享保10年創業の日本最古の胡麻油メーカー竹本油脂、享保年間創業で流通を担う島商による第18回「享保の会」@老舗日本料理店の西洋割烹「車屋」さん開催!

画伯 岡本太郎さんからも愛された名店のクラシカルモダンな空間で、

南魚沼の銘酒「鶴齢」とともに、

西洋割烹車屋の創作フレンチ(この日限定の竹本油脂のごま油&鶴齢を使った特別メニューを含むお料理)、日本酒×洋食のマリアージュをご堪能いただきました。


お集まりくださった皆様、車屋の伊藤さんをはじめとする皆様、享保の会メンバーな皆様、ありがとうございました‼


ご参加くださった好楽師匠から粋や伝統について貴重なお話をうかがいつつ、

おみやげに笑点ドロップスもいただきました。

これからも青木酒造、竹本油脂、島商の3社、そして享保の会を、よろしくお願い致します!

<享保の会とは?>
享保の会は、享保年間(1716~1735)創業の老舗企業数社が享保年間から約300年にわたり支えてきてくださったお客様・取引先の皆様への感謝と、伝統の次世代への継承に対する思いをこめ、開催する会です。
青木酒造 http://www.kakurei.co.jp/
島商 http://www.shimasho.co.jp/
竹本油脂 http://www.takemoto.co.jp/
*青木酒造・島商・竹本油脂 ともに享保年間創業の老舗企業です。

(協力:ジャパントラディショナルカルチャーラボ http://jtcl.co.jp/)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*